Research press release

気候:南半球の大気循環に変化が生じたことの影響

Nature

Climate: Changes in Southern Hemisphere circulation

南半球の大気循環に生じた複数の変化が、オゾン層の回復と関連していたという研究結果について報告する論文が、Nature に掲載される。今回、大気循環に生じたさまざまな変化を調べる研究が行われ、このようにオゾン層の回復が起こったのは、モントリオール議定書が実施されたことの直接的な結果だったことが示唆されている。

人為起源のオゾン層破壊物質の排出は、オゾン層の減少に寄与し、そのために南半球の大気循環に変化が生じた。主な変化としては、中緯度ジェット気流の極方向への移動、熱帯循環と亜熱帯乾燥帯の拡大がある。こうした変化は、降水量に影響を与えたことが実証されており、南半球の海洋循環と海洋塩分にも影響を与えた可能性がある。

今回、Antara Banerjeeたちの研究チームは、1980〜2017年の大気再分析(データとモデリングの併用)を用いて、上記の傾向が、2000年頃から停止あるいは逆転していることを明らかにした。例えば、南半球のジェット気流が2000年まで極方向に移動していたことが判明しているが、その後は移動が停止していると考えられている。時期的に見ると、2000年頃の南極のオゾン層の回復と一致しており、モントリオール議定書で義務付けられているオゾン層破壊物質の低減が、大気循環の傾向が停止している原因である可能性が示唆されている。

Changes in atmospheric circulation linked to the recovery of the ozone layer in the Southern Hemisphere are reported in a paper in Nature. The research into these changes suggests that this effect is a direct result of the implementation of the Montreal Protocol.

Human-generated emissions of ozone-depleting substances have contributed to a decline in ozone, which has caused changes in atmospheric circulation in the Southern Hemisphere. The main effects include a poleward shift of the mid-latitude jet stream and the expansion of both tropical circulation and the subtropical dry zone. These changes have been shown to have impacted precipitation and have potentially affected ocean circulation and salinity in the Southern Hemisphere.

Antara Banerjee and colleagues use 1980–2017 atmospheric reanalyses ― a combination of data and modelling ― to show that these trends have paused or reversed since around the year 2000. For example, they found that the Southern Hemisphere jet stream moved poleward until 2000, when it seemed to pause. This timing coincides with Antarctic ozone recovery around the year 2000 and suggests that the decline in ozone-depleting substances, as mandated by the Montreal Protocol, may be responsible for the pause in circulation trends.

These findings indicate that the Montreal Protocol may have also affected other aspects of the Earth system, although the authors note that as carbon dioxide emissions continue to rise, it is unclear whether the pause in atmospheric circulation trends will continue.

doi: 10.1038/s41586-020-2120-4

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度