Research press release

【ゲノミクス】古エスキモーとシベリア人の集団史の謎が氷解し始めた

Nature

Genomics: Icy insights into ancient Eskimo and Siberian population histories

シベリアと北米の古代人と現代人のゲノム解析が行われ、これらの地域における主要な移住現象とヒト集団史に関する手掛かりが得られたことを報告する論文が、今週掲載される。

古エスキモーは、約5000年前に広大なアメリカ北極域に最初に定住した人々であり、約1000年前に新たに加わった現在のイヌイット族とユピック族の祖先に取って代わられた。古エスキモーとアメリカ先住民、イヌイット族、ユピック族、アレウト族の遺伝的関係は、はっきりとは分かっていない。

今回、Stephan Schiffelsたちは、アメリカ北極域とシベリア(チュクチ、東シベリア、アリューシャン列島、アラスカ、カナダ北極域を含む)出身の古代人48人と、現代のアラスカのイヌピアットと西シベリアに住む人々のゲノムのデータを示している。Schiffelsたちの分析によれば、北米のヒト集団史は、古エスキモーとファースト・アメリカンの間の遺伝子流動によって形成され、そこからエスキモー・アリュート語とナ・デネ語を話す集団の出現に至ったとされる。

一方、Eske Willerslevたちは別の論文で、現在のロシア極東地域に位置するシベリア北東部に由来する、3万1000~600年前のものと年代測定された34の古代ゲノムについて報告している。この地域は、4万年以上にわたってヒトが居住しているが、その詳しい集団史の解明は進んでいない。Willerslevたちは、この時期の複雑な集団動態について説明しており、これには、(1)これまで知られていなかった旧石器時代の古代北シベリアの集団(初期の西ユーラシアの狩猟採集民と遠い類縁関係にある)がこの地域に初めて到来したこと、(2)その後の古代人(古シベリア人とアメリカ先住民)につながる東アジアの民族が到来したこと、(3)多くの現代シベリア人の祖先である新シベリア人と呼ばれる東アジア人が完新世に移住したこと、という少なくとも3つの主要な移住現象が含まれる。

Analyses of the genomes of ancient and modern individuals from Siberia and North America, published in two papers in this week’s Nature, reveal insights about major migration events and the population history of these regions.

Palaeo-Eskimos were the first people to settle in vast regions of the American Arctic around 5,000 years ago, and around 1,000 years ago they were joined and largely displaced by ancestors of the present-day Inuit and Yup’ik. The genetic relationships between Palaeo-Eskimos and Native American, Inuit, Yup’ik and Aleut populations remain uncertain.

Stephan Schiffels and colleagues present data from the genomes of 48 ancient individuals from the American Arctic and Siberia, including Chukotka, East Siberia, the Aleutian Islands, Alaska, and the Canadian Arctic, as well as from modern Alaskan Inupiat and West Siberian populations. The authors’ analyses suggest that the population history of North America was shaped by gene-flow between Palaeo-Eskimos and the First Americans, which gave rise to both the Eskimo-Aleut and Na-Dene-speaking populations.

In a separate paper, Eske Willerslev and colleagues report 34 ancient genomes (dated from 31,000-600 years ago) from northeastern Siberia, the location of the modern Russian Far East. This region has been inhabited by humans for more than 40,000 years, yet its deep population history remains poorly understood. The authors document complex population dynamics during this period, including at least three major migration events: an initial arrival of a previously unknown Palaeolithic population of Ancient North Siberians, distantly related to early West Eurasian hunter-gatherers; the arrival of East Asian peoples giving rise to Ancient Palaeo-Siberians and Native Americans; and a Holocene migration of East Asian peoples named Neo-Siberians, from whom many contemporary Siberians descend.

doi: 10.1038/s41586-019-1251-y

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度