Research press release

【生態学】河川の連結性の低下

Nature

Ecology: River connections in decline

世界最長クラスの河川(全長1000キロメートル超)のうち、自由に流れているものは3分の1だけで、これらは遠隔地(北極やアマゾン川流域、コンゴ川流域)に限られることを明らかにした論文が、今週掲載される。この知見は、河川の連結性が人間の活動によって破壊され、そのために、自由に流れる河川がもたらす生態系と各種サービスが脅かされていることを実証している。

河川は重要な生態系であり、食料や水、経済資源、農業の機会をもたらすことで人間社会を支えている。近年、人間活動での必要性に応じて河川の自然流路が変更され、社会基盤(ダムや堤防など)の整備に合わせた管理が行われている。河川の連結性が重要であることは認識されてきているが、その現状を評価することは、全球的な情報が不足しているために困難だった。

今回、Gunther Grillたちの研究グループは、河川の連結性を包括的に評価する新しい方法を開発して、世界各地の河川(総延長1200万キロメートル)を評価した。この方法には、よく知られたダムの影響が考慮されているだけでなく、河川の連結性に対する幅広い人為的影響を表す重要な要因(側方への流れや浸透に対する防御壁、水の利用と規制、堆積物捕捉など)が加味されている。この方法による評価の結果、世界の全河川の約半数で連結性が低下していて、世界最長クラスの河川(全長1000キロメートル超)の63%(世界の河川の水量の約41%)が、もはや自由に流れていないことが明らかになった。Grillたちは、ダムや貯水池は、河川の流れを制御・遮断するため、河川の連結性低下の主な要因だと指摘している。

Only one third of the world’s longest rivers (over 1,000 kilometres in length) remain free-flowing, and these are restricted to remote regions in the Arctic and the Amazon and Congo basins, according to a paper published in Nature. The findings demonstrate how human activity disrupts river connectivity, which threatens the ecosystems and services provided by free-flowing rivers.

Rivers are important ecosystems and also support human societies by providing food and water, economic resources and agricultural opportunities. In recent years human demands have led to the natural courses of rivers being altered and managed with infrastructural development, including dams and levees. The importance of river connectivity has been recognized, but a lack of global information has made it hard to assess their current state.

Gunther Grill and colleagues develop a new method to comprehensively evaluate river connectivity, assessing 12 million kilometres of rivers around the world. They consider the well known influence of dams, but add key factors representing broader human influences on river connectivity, including barriers to lateral flow and infiltration, water use and regulations, and sediment trapping. They find that around half of all rivers worldwide show diminished connectivity and 63% of the world’s longest rivers (over 1,000 kilometres in length) are no longer free-flowing, representing nearly 41% of global river volume. The authors indicate that dams and reservoirs are key contributors to the loss of river connectivity, as they regulate and interrupt the flow of rivers.

doi: 10.1038/s41586-019-1111-9

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度