Research press release

【化石】コウモリのように飛んだ小型恐竜の化石証拠

Nature

Fossils: More evidence for bat-like flight in tiny dinosaurs

コウモリのような翼を持つスカンソリオプテリクス類恐竜の新種の化石が中国遼寧省で発見されたことを報告する論文が、今週掲載される。この化石標本は、約1億6300万年前のものと年代測定され、鳥類に近縁の恐竜類が飛行し始める直前の時期にいろいろな翼構造を試していたことを示唆する証拠となる。

スカンソリオプテリクス類は、小型恐竜(体重約200グラム)の分類群で、前肢と指が非常に長く、樹上生活する羽毛恐竜として復元されるのが一般的だ。しかし、最近発見されたスカンソリオプテリクス類恐竜のYi qi は、これとは異なっていた。イー(Yi qi)には、尖筆状突起(styliform element)に支えられた、コウモリの翼に似た膜状翼があったと考えられるのだ。この種の膜状翼は、恐竜以外の飛行能力を有する脊椎動物の系統(コウモリ類や翼竜類など)が持っていたが、獣脚類恐竜も有していたことはこれまで知られていなかった。

今回、Min Wangたちの研究グループは、Ambopteryx longibrachiumと名付けたスカンソリオプテリクス類について、これがイーと同じような膜状翼と尖筆状突起を有していたと説明している。しかし、Ambopteryxにはイーと異なる特徴がいくつかあり、例えば、Ambopteryxは前肢骨の幅が広く、短い尾の末端で椎骨が融合しており、非常に長い前肢は後肢より長い。

Wangたちは、スカンソリオプテリクス類と鳥類の系統が分岐し、異なる経路で飛行能力を備えるに至ったが、その分岐が近づいた頃に翼構造に著しい変化が生じたことを明らかにした。また著者たちは、スカンソリオプテリクス類に備わっていた膜状翼と長い前肢は、短期間で終わった飛行実験を示すものであり、その後、羽毛の生えた翼が優勢になった可能性が非常に高いという考えを示している。

The fossil of a newly discovered species of scansoriopterygid dinosaur with bat-like wings, found in Liaoning Province, China, is described in a paper published this week in Nature. This specimen, dated to around 163 million years ago, provides further evidence that suggests that dinosaurs closely related to birds experimented with different wing structures near the origins of flight.

The scansoriopterygids form a group of tiny dinosaurs (around 200 grams) that are generally reconstructed as feathered tree climbers, with very long hands and fingers. However, the recently discovered scansoriopterygid dinosaur Yi qi was different. In addition to feathers, Y. qi had what appeared to be bat-like, membrane wings supported by a styliform - a long, pointed wrist bone. This type of membranous wing has been used by lineages of non-dinosaur flying vertebrates such as bats and pterosaurs, but was previously unknown among the theropod dinosaurs.

Min Wang and colleagues describe a scansoriopterygid named Ambopteryx longibrachium, which has membranous wings and a styliform, similar to Y. qi. However, several features distinguish Ambopteryx from its cousin, including a wider forelimb bone, a short tail ending in fused vertebrae and an elongated forelimb that is longer than the hindlimb.

The authors show that marked changes in wing structure evolved near the split between scansoriopterygids and the bird lineages, as the two underwent different paths to becoming airborne. They suggest that the membranous wings and elongated forelimbs present in scansoriopterygids probably represent a short-lived experimentation with flight, which occurred before the later predominance of feathered wings.

doi: 10.1038/s41586-019-1137-z

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度