Research press release

地球近傍小惑星「ベンヌ」の初期観測結果

Nature

Early observations from near-Earth asteroid Bennu

地球近傍小惑星ベンヌ(101955 Bennu)の地表の特徴が予想に反するものだったことを報告する計7編の論文が、今週、Nature、Nature Astronomy、Nature Geoscience、Nature Communicationsに掲載される。この知見により、地球からのレーダー観測と光度曲線観測の結果の一部が確認されたが、新たに報告された地表の特徴からは、ベンヌの起源に関する手掛かりがもたらされ、ベンヌが予想以上に古い天体である可能性が示唆されている。

米国NASAの宇宙探査機OSIRIS-REx(Origins, Spectral Interpretation, Resource Identification, and Security-Regolith Explorer)は、この惑星の特徴を解析し、地表から試料を持ち帰るべく、2018年12月3日にベンヌに到達した。ベンヌは、炭素を多く含む水和物を地球にもたらした可能性があるとされる。小惑星と彗星は、太陽系の形成の際に残った残骸であるため、ベンヌの寿命期間中に生成された地表、形状、動力学的特性に符号化された情報が、太陽系進化のさまざまな段階に関する手掛かりをもたらす可能性がある。

OSIRIS-RExに搭載された観測装置による初期の観測から、ベンヌに水和物が広範かつ大量に存在することが確認されている。また、巨礫が数多く存在しているという予想外の観測結果も得られた。小型のクレーターがなく、地表の外観が不均一といった特徴からは、ベンヌの地表に、さまざまな時代に由来する特徴の異なった領域(例えば、ベンヌの母天体の残骸や、最近の地質活動の徴候)が混在していることが示唆される。著者たちは、ベンヌの推定年齢が1億~10億年と予想以上に古く、主小惑星帯で生まれた可能性が非常に高いという考えを示している。

Unexpected surface features of the near-Earth asteroid (101955) Bennu are reported in seven papers published in Nature, Nature Astronomy, Nature Geoscience and Nature Communications this week. Although the findings confirm some aspects of radar and lightcurve observations from Earth, the newly reported features provide clues to the origin of Bennu and suggest it may be older than expected.

On 3 December 2018, NASA’s OSIRIS-REx (Origins, Spectral Interpretation, Resource Identification, and Security-Regolith Explorer) spacecraft arrived at Bennu to characterize the asteroid and bring back a sample. Such an asteroid may have once introduced hydrated, carbon-rich material to Earth. Asteroids and comets are the leftover debris from the formation of the Solar System, thus the information encoded in the surface, shape and dynamical properties of Bennu, developed over its lifetime, may provide insights into different stages of Solar System evolution.

The early observations from instruments onboard OSIRIS-REx confirm the presence of widespread and abundant hydrated minerals. The observations also identified the unexpected presence of numerous, large boulders. Several features, such as the lack of small craters and the heterogeneous appearance of the surface, suggest that the surface includes different regions from different eras - remnants of Bennu’s parent body and signs of recent activity, for example. The authors suggest that Bennu has an estimated age of between 100 million and one billion years old - which is older than expected - and probably originated in the main Asteroid Belt.

doi: 10.1038/s41561-019-0326-6|英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度