Research press release

【感染症】新しいマラリア防除対策は抗マラリア薬を染み込ませた蚊帳

Nature

Infectious diseases: Netting a new way to tackle malaria

殺虫剤と抗マラリア薬で処理されたベッドネット(ベッド用の蚊帳)を用いることで、マラリアの伝播を阻止する活動を強化できることを明らかにした論文が、今週掲載される。この戦略は、殺虫剤耐性を示す蚊の個体群が生息する地域でのマラリア防除活動に役立つかもしれない。

マラリアの拡大を防止するための最も効果的な方法の1つが、殺虫剤を散布した蚊帳を使うことだが、ハマダラカ類が殺虫剤耐性を獲得するようになっており、マラリア拡大のリスクは高まる傾向にある。そのため、マラリアを管理するための新たな方法が緊急に必要となっている。

今回Flaminia Catterucciaたちの研究グループは、雌のガンビエハマダラカ(Anopheles gambiae)をアトバコン(既にヒトに用いられている抗マラリア薬)などのマラリア原虫阻害剤に曝露させると、熱帯熱マラリア原虫(Plasmodium falciparum)の発生と伝播が阻止されることを実証した。この阻止作用は、低用量のアトバコンと最短で6分間(蚊が交尾相手を求めて蚊帳に止まっている時間にほぼ等しい)の曝露時間で達成された。アトバコンは、熱帯熱マラリア原虫の細胞中のミトコンドリアの正常な機能を阻害して、マラリア原虫を死滅させ、マラリアの伝播を防止するが、ガンビエハマダラカの生存と繁殖には影響はなかった。また、Catterucciaたちは、アトバコンと同じ標的に作用する他の薬剤でも同じ効果が見られたことを報告しており、このことから、蚊の体内にいる熱帯熱マラリア原虫の活動を停止させる上で、マラリア原虫のミトコンドリア機能が適切な標的であると示唆される。

Catterucciaたちは、今回の研究で観察された効果がマラリアの伝播動態に影響を与える経路をモデル化し、蚊帳に熱帯熱マラリア原虫の阻害剤を染み込ませる方法を用いることで、マラリア原虫の殺虫剤耐性が全世界に及ぼす健康影響を大きく軽減できる可能性があると予想している。

Efforts to block malaria transmission could be boosted by treating bed nets with antimalarial drugs in addition to insecticides. This strategy, proposed in a study published online this week in Nature, may aid efforts to control malaria in areas with insecticide-resistant mosquito populations.

One of the most effective methods to prevent malaria spread has been the use of bed nets sprayed with insecticide. However, Anopheles mosquitos are becoming resistant to insecticides and the risk of malaria spread is on the rise. New approaches to control this disease are urgently needed.

Flaminia Catteruccia and colleagues demonstrate that exposing female Anopheles gambiae mosquitos to parasite inhibitors, such as atovaquone (an antimalarial drug already used in humans), blocks the development and transmission of the malaria parasite Plasmodium falciparum. This effect is achieved with low doses of the drug and with exposure times as low as six minutes, similar to the amount of time mosquitos rest on bed nets while seeking a host. Atovaquone inhibits the normal functioning of the mitochondria in the cells of P. falciparum, killing the parasite and preventing transmission without affecting mosquito survival and reproduction. Similar effects are seen with other drugs that act on the same target as atovaquone, the authors report, which suggests that parasite mitochondrial function is a good target for arresting P. falciparum within mosquitoes.

The authors model how the observed effects would affect malaria transmission dynamics. They predict that the inclusion of P. falciparum inhibitors on mosquito nets could substantially mitigate the global health impact of insecticide resistance.

doi: 10.1038/s41586-019-0973-1|英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度