Research press release

【天文学】新たに発見された海王星の小衛星ヒッポカンプ

Nature

Astronomy: Neptune’s ‘new’ small moon, Hippocamp

海王星の衛星の中で一番最近発見され、最も小さいヒッポカンプの観測結果について報告する論文が、今週掲載される。この論文には、ヒッポカンプの大きさと軌道パターンが詳しく説明されており、その形成に関する見解も示されている。

1989年に宇宙探査機ボイジャー2号が海王星のフライバイ(接近通過)を行った際、海王星を周回する6個の小さな内衛星が発見された。これらの内衛星はいずれも、海王星より若く、海王星の最大の衛星であるトリトンが捕獲された後、比較的早い時期に形成されたと考えられている。また、それぞれの内衛星は、彗星の衝突によって分裂したものである可能性が非常に高い。

今回、Mark Showalterたちの研究グループは、ハッブル宇宙望遠鏡を用いて、海王星の内衛星と環を調べたところ、ボイジャー2号のフライバイの際に観測されなかった7番目の内衛星を発見した。これにより、海王星の衛星は合計14個となった。今回の発見は、特別な画像処理技術によって得られたもので、Showalterたちは、これによって海王星を高速で周回する内衛星を集中的に調べることができた。

新たに発見された衛星は、ギリシャ神話上の海の生き物にちなんでヒッポカンプと命名された。ヒッポカンプは、平均直径が約34キロメートルと海王星の衛星の中で最も小さく、周回軌道はプロテウス(海王星の最も外側を周回する最も大きな内衛星)の周回軌道に近い。Showalterたちは、ヒッポカンプは、プロテウスが大型彗星と衝突した際に放出された破片から形成された可能性があるという考えを示している。またShowalterたちは、今回の知見から、海王星の内衛星の形成が天体との多数回の衝突の影響を受けたとする学説が裏付けられたと結論付けている。

The observation of Neptune’s smallest and most recently discovered moon, Hippocamp, is reported in a paper published this week in Nature. The paper details Hippocamp’s size and orbit pattern, and suggests insights into its formation.

The Voyager 2 spacecraft spotted six small inner moons orbiting Neptune when it flew by the planet in 1989. These inner moons are all thought to be younger than Neptune, having formed relatively soon after the capture of the planet’s largest moon, Triton. Each inner moon has probably been fragmented by comet impacts.

Mark Showalter and colleagues studied Neptune’s inner moons and rings using the Hubble Space Telescope, and found a seventh inner moon that went unobserved during the Voyager 2 flyby. This means Neptune has 14 moons in total. The discovery came through special image processing techniques, which enabled the authors to focus on Neptune’s inner satellites despite their rapid orbits.

The new moon - named Hippocamp, after the sea creature of Greek mythology - is Neptune’s smallest, with an average diameter of around 34 kilometres. Hippocamp orbits close to Proteus, the largest and outermost of the inner moons, and the authors propose that Hippocamp may have formed from ejected fragments of the larger satellite after a large comet impact. These findings provide further support for the idea that the development of Neptune’s inner moons has been shaped by numerous impacts, the authors conclude.

doi: 10.1038/s41586-019-0909-9|英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度