Research press release

【考古学】デニソワ洞窟の住人に関する時系列が明らかに

Nature

Archaeology: Timeline of Denisova Cave occupation revealed

デニソワ人とネアンデルタール人がデニソワ洞窟に居住していた頃の年表を精緻化する新たな年代について報告する2編の論文が、今週掲載される。

デニソワ人とネアンデルタール人がデニソワ洞窟に居住していた頃の年表を精緻化する新たな年代について報告する2編の論文が、今週掲載される。

今回、Zenobia Jacobs、Richard Robertsたちの研究グループは、光励起ルミネッセンス年代測定を行って、デニソワ洞窟の堆積物を調べた。この年代測定法は、石英などの特定の鉱物粒子が最後に太陽光にさらされてから経過した時間を推定する方法だ。今回の研究では、その結果から、およそ30万~2万年前のデニソワ洞窟における化石と人工産物の堆積時期を示す年表が作成された。研究グループの控えめの推定によれば、この洞窟にデニソワ人が居住していたのがおよそ28万7000~5万5000年前、ネアンデルタール人が居住していたのがおよそ19万3000~9万7000年前とされる。

一方、Katerina Doukaたちの論文には、デニソワ洞窟で行われた放射性炭素年代測定法によって新たに得られた50件の年代が紹介されており、新たに発見された3点のデニソワ人の断片化石についても記述されている。Doukaたちは、既知の全てのデニソワ人の化石を分析した上で、最も古い化石に基づいて、デニソワ人は早ければ19万5000年前からこの洞窟に居住していたという結論を示している。最も新しいデニソワ人の化石は、およそ7万6000~5万2000年前のものと決定された。また、骨製の尖頭器と歯製のペンダントの放射性炭素年代測定が行われ、これらの作製年代は4万9000~4万3000年前とされた。Doukaたちは、これらの人工産物が北ユーラシアで出土した最古の人工産物であり、デニソワ人が作製した可能性があるという仮説を提起している。

同時掲載のNews & Viewsでは、Robin Dennellが、「堆積物の性質と複雑性、および使用された年代測定法のため、これらの化石の詳細な年代については依然として不明な点が残っているかもしれないが、概要は明確になった」と述べている。

The timeline of ancient hominin occupation of Denisova Cave by Denisovans and Neanderthals has been refined by new dates reported in two papers published in this week’s Nature.

The Denisovans were a hominin species whose fossils are known only from a few fragments of bone and teeth unearthed in Denisova Cave, Siberia. However, the cave’s size and complexity has made it difficult to reliably unpick the full history of hominin occupation.

Zenobia Jacobs, Richard Roberts, and colleagues studied the sediments of Denisova Cave using optically stimulated luminescence dating, which works by estimating the time since certain mineral grains (such as quartz) were last exposed to sunlight. From this they created a timeline for the deposition of fossils and artefacts in the cave, which spans from around 300,000 to 20,000 years ago. The authors conservatively estimate that Denisovans occupied the cave approximately 287,000 to 55,000 years ago, with Neanderthals also present between around 193,000 and 97,000 years ago.

In a separate paper, Katerina Douka and colleagues present 50 new radiocarbon dates from the site and describe three new Denisovan fossil fragments. Analysing all known Denisovan fossils, the authors conclude that, based on the oldest fossil, Denisovans were present at the site as early as 195,000 years ago. The youngest fossil dates to about 76,000 to 52,000 years ago. Radiocarbon dating of bone points and tooth pendants places the production of these artefacts between 49,000 and 43,000 years ago. This makes them the oldest artefacts unearthed in northern Eurasia and possible products of Denisovan crafting, the authors propose.

In an accompanying News & Views article, Robin Dennell comments that “Although there might still be some uncertainty about the detailed ages of the remains - given the nature and complexity of the deposits and the dating methods used - the general picture is now clear.”

doi: 10.1038/s41586-018-0870-z|英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度