Research press release

【気候変動】グリーンランド氷床の融解水の流出が加速している

Nature

Climate change: Greenland Ice Sheet melting faster

グリーンランド氷床の融解強度と融解水の流出に関する数世紀にわたる連続分析の結果を報告する論文が、今週掲載される。この新知見は、最近のグリーンランド氷床の融解速度が、過去と比べて上昇していることを明らかにしている。

グリーンランド氷床は、今日の海水準上昇に大きく寄与しているが、現在の融解速度が異常かは分からない。その理由は、観測記録が作成されるようになってから日が浅いことと、先行研究で氷床全体の分析が行われていなかったことにある。

今回、Luke Truselたちの研究グループは、グリーンランド西部の氷床コアの融解層を分析し、約350年にわたる記録を作成した。Truselたちは、この融解層の記録を現代のグリーンランド全体における広範な融解過程と結び付け、両者の関係を用いてグリーンランド全体の記録を1650年までさかのぼって、近年のグリーンランド氷床の融解と融解水の流出が過去の変動幅を超えて加速していると報告している。

Truselたちは、グリーンランド氷床の融解が加速し始めたのは、産業革命後の北極温暖化が始まった19世紀中頃であることも明らかにした。また、2012年のグリーンランド氷床の表面の融解は、過去350年で最も大規模なものであり、氷床コアの直近10年間(2004~2013年)の部分は、記録のある他のどの10年間よりも融解の持続性が高く、融解速度も高かったことが明らかになった。この分析結果は、融解速度が気温の上昇に対して非線形的に上昇することを示している。そのため、過去の小規模な温暖化事象は氷床の融解に全く、あるいはほとんど影響を与えなかったかもしれないが、今後は同程度の温暖化事象でも、氷床の融解の規模がかなり大きなものとなる可能性がある。

A continuous, multi-century analysis of the melt intensity and runoff of the Greenland Ice Sheet is reported in a paper published this week in Nature. The findings reveal that the Greenland Ice Sheet has melted at a faster rate recently than in the past.

The Greenland Ice Sheet is a major contributor to modern sea-level rise. However, it is unknown whether the current melting rates are unusual, as observational records do not date far back enough, and previous research did not analyse the entire ice sheet.

Luke Trusel and colleagues developed a record that spans over 350 years by analysing melt layers in ice cores from western Greenland. The authors linked these layers to broader melt processes across Greenland in the modern era. Using this relationship, they extend the Greenland-wide record back to 1650, and report that melt and runoff from the Greenland Ice Sheet have recently accelerated outside the range of past variability.

The authors find that Greenland Ice Sheet melting began to increase soon after the onset of industrial-era Arctic warming in the mid-1800s. Additionally, surface melting in 2012 was more extensive than in any time over the past 350 years, and the most recent decade contained in the ice cores (2004-2013) experienced more sustained and intense melting than any other 10-year period recorded. The analysis shows that melt increases nonlinearly with rising temperatures. Consequently, although a past minor warming event might have had little or no impact on melt, the same event in a future, warmer climate could produce a substantially larger melt event.

doi: 10.1038/s41586-018-0752-4

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度