Research press release

【環境科学】沿岸湿地は海水準上昇によって水没しないかもしれない

Nature

Environmental science: Rising sea levels may not drown coastal wetlands

今後100年間にわたって海水準上昇が予測されているが、特定の条件が満たされれば、沿岸湿地の全球表面積が最大60%増加する可能性のあることを報告する論文が、今週掲載される。

沿岸湿地(例えば、沼地、マングローブ)は、天然の沿岸保護を行う重要な生態系だ。数多くの研究で、海水準上昇に伴って湿地が広範囲に失われることが予測されているが、この脅威に関しては誇張があり、湿地を保全できる可能性のある局所フィードバック機構について詳しく研究されているにもかかわらず、全球モデルにおいて考慮されていないとする評価結果もある。

今回、Mark Schuerchたちの研究グループは、沿岸湿地には堆積物と湿地の「収容空間(湿地の移動先となり得る内陸空間)」を蓄積する能力があることを考慮に入れて、全球的な沿岸湿地の回復力を評価することで、こうした制約に取り組んだ。この研究では、海水準上昇と人間の活動に対する地球上の湿地の応答のシミュレーションが行われ、既存の沿岸湿地の少なくとも37%について十分な収容空間が確保されているという条件が満たされれば、沿岸湿地の全球表面積が最大60%増加する可能性があることが明らかになった。十分な収容空間が得られないというシナリオでは、沿岸湿地の面積が全体的に減少し、(海水準上昇がさらに進行するシナリオでは、減少が顕著になる)ことが予想され、その理由として、堆積物の不足が深刻化することが挙げられている。

Schuerchたちは、それぞれの地域での水路管理、例えば、ダム建設と浚渫工事が、このシミュレーションを複雑化させる可能性を指摘し、沿岸湿地を海水準上昇から保護し、全球的に急増する沿岸域の居住民を守るためには、沿岸湿地の内陸への移動を促進する広域的な沿岸管理方法が必要だと考えている。

Under certain conditions, coastal wetlands could potentially increase their global surface area by as much as 60% despite predicted sea-level rises over the coming century, reports a paper published this week in Nature.

Coastal wetlands, such as marshes and mangroves, are important ecosystems that provide natural coastal protection. Although many studies predict widespread wetland loss as sea levels rise, some assessments suggest that this threat has been overstated and that global models have failed to take into account well-documented local feedback mechanisms that could maintain wetlands.

Mark Schuerch and colleagues address these limitations by assessing the global resilience of coastal wetlands while also considering their ability to accumulate sediment and their available accommodation space (inland space for wetlands to migrate into). The authors simulated the responses of global wetlands to sea-level rises and human activity and found that global coverage could increase by 60%, provided that at least 37% of existing wetlands have sufficient accommodation space. In scenarios where adequate accommodation space is not available, coastal wetlands face projected losses overall (worsening under scenarios that assume higher sea-level rises), potentially due to increasing sediment deficiency.

The authors note that local waterway management, such as damming and dredging, may complicate these simulations. They suggest that widespread coastal management strategies that encourage inland migration may be required to safeguard coastal wetlands from rising sea levels and protect rapidly increasing global coastal populations.

doi: 10.1038/s41586-018-0476-5

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度