Research press release

【古生物学】カメ類の初期の進化過程を解明する手掛かりとなる化石

Nature

Palaeontology: Turtle evolution comes out of its shell

中国貴州省で新たに発見された三畳紀のカメ種の化石について報告する論文が、今週掲載される。この化石試料は、約2億2800万年前のカメ類の初期の近縁種のものであり、カメ類の複雑な初期の歴史を垣間見せている。

カメ類の起源と系統発生上の類縁関係は、進化生物学で長い間解明できていない問題の1つだ。カメ類のボディープランは派生度が高く、他の分類群の動物との比較によって進化の過程を解明することが難しい。ところが、最近になってカメ類の中間形の化石がいくつか発見された。その1つが約2億2000万年前のOdontochelysで、腹甲(腹部を完全に覆う腹側の甲羅)はあるが、明瞭な背甲(甲羅の「蓋」)はなかった。次に見つかったのが、Odontochelysよりさらに古い2億4000万年前のPappochelysで、腹甲と背甲がない代わりに鱗甲板(腹部を覆う強靭な皮骨)があった。また、南アフリカで発掘された約2億6000万年前の初期爬虫類Eunotosaurusの頭蓋骨の分析から、Eunotosaurusは最終的にカメ類につながる系統から早い時期に分岐した、とする学説が実証された。

今回Chun Li、Xiao-Chun Wuたちの論文では、完全に関節のつながった非常に大きな化石標本(全長2.5メートル)について記述されている。この化石標本には腹甲も背甲もないが、非常に幅広で平らな背側の肋骨が扇状に並んだ構造を有している。この化石標本の動物は、新種とされ、Eorhynchochelys sinensisと命名された。この化石標本は、Odontochelysが発見された堆積層より約7.5メートル深い層から出土し、Odontochelysより古い時代のものであることが示されている。最も際立っているのが頭蓋骨で、Odontochelysよりもカメ類にかなり近く、上側頭窓が閉じており、歯のないくちばしの外表面を覆う角鞘があったことを示す証拠も見つかった。

The fossil of a newly discovered Triassic turtle species, found in Guizhou Province, China, is described in a paper in this week’s Nature. This specimen, dated to around 228 million years ago, is an early relative of turtles and reveals their complex early history.

The origins and phylogenetic relationships of turtles have remained one of evolution’s most enduring puzzles. These animals have such a derived body plan that it is difficult to compare them with other groups to learn how they might have evolved. In recent years, however, some intermediate forms have been found. One was Odontochelys from around 220 million years ago, which had a plastron, a fully formed shell covering the under-surface of the animal, but no distinct carapace, or ‘lid’ of the shell. Then came Pappochelys, a creature much older than Odontochelys at 240 million years ago, and which had a cuirass, or strengthened dermal bones over the belly, instead of a plastron and carapace. In addition, analyses of a skull from South Africa of an early reptile called Eunotosaurus that lived around 260 million years ago, substantiated suggestions that this form was an early offshoot of the lineage that eventually led to turtles.

Chun Li, Xiao-Chun Wu, and colleagues describe a very large (2.5 metres long) completely articulated specimen that has neither plastron nor carapace, but does have very broadened and flattened dorsal ribs arranged to form a carapacial disc. This new species, named Eorhynchochelys sinensis, was collected from sediments approximately 7.5 metres below where Odontochelys was found, indicating its older age. Most striking is the skull, which is much more turtle-like than Odontochelys - with a closed upper temporal region and evidence of a rhamphotheca, an outer surface on the toothless beak.

doi: 10.1038/s41586-018-0419-1|英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度