Research press release

【ネットワーク】タクシーの運行台数を絞って都市部でのスムースな移動を図る

Nature

Networks: Cab cull makes city slicker

米国ニューヨーク市内でのタクシーの運行台数を今より最大40%削減しても十分事足りる可能性のあることを報告する論文が、今週掲載される。この新知見は、今後、ネットワーク化された自動運転車の運用が一般的になれば、より重要性を増す可能性がある。

情報技術と通信技術は、都市部での移動に関する新たなソリューション(例えば、オンデマンド車両)を生み出している。ところが、利用者に遅延を生じないように、あるいは相乗りをさせずにタクシーを運用するために、どのような規模と方法が最適か、という基本的な問題は解決されていない。

今回、Mohammad Vazifehたちの研究グループは、ネットワークを利用した方法を開発して、この問題を分析した。この方法では、輸送ネットワーク全体で利用者の相乗りをせず、個々の車両が共通運用される。Vazifehたちは、ニューヨーク市内における年間1億5000万回のタクシー乗車の記録を用いてこのやり方を検証し、タクシーがどのように乗車されるのかが事前に分かっていなくてもタクシーの運行台数を減らせる可能性のあることを示した。Vazifehたちの計算によれば、運行台数を現在より40%削減しても同じサービスを提供できる可能性があるとされる。また、このやり方を過去のデータではなく、リアルタイムのデータでも機能するように修正したところ、タクシーの運行台数を約30%削減しても、タクシー乗車需要の90%以上に対応できることが明らかになった。

New York City could make do with a taxi fleet as much as 40 per cent smaller than the one currently used, reports a paper published this week in Nature. This finding could become even more relevant in the years ahead, as fleets of networked, self-driving cars become commonplace.

Information and communication technologies have enabled new solutions for urban mobility, including on-demand vehicles. However, a fundamental unsolved problem is how best to size and operate a fleet of vehicles without causing delays to the passengers or requiring them to share taxis.

Mohammad Vazifeh and colleagues developed a network-based approach for analysing this issue, in which individual vehicles (not individual rides) are shared across the transport network. The authors test their scheme against the 150 million taxi trips taken in New York City over the course of one year and find that the city could indeed reduce cab use with prior knowledge of the trips to be taken. They calculate that the same service could have been provided with a fleet 40 per cent smaller than the one currently used. When the scheme is modified to work with real-time, rather than historical information, the authors find that to serve more than 90 per cent of trips, a reduction in fleet size of around 30 per cent is still possible.

doi: 10.1038/s41586-018-0095-1|英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度