Research press release

【神経科学】マウスの神経回路に子育てがどのように組み込まれているのか

Nature

Neuroscience: How mice are hardwired for parenting

マウスの視床下部の視索前野は、子育て行動の基盤となる大量の情報を統合するハブの役割を担っていることを報告する論文が、今週掲載される。具体的には、この視索前野のガラニン発現ニューロンが、子育ての運動的側面、動機付けの側面、ホルモン的側面、および社会的側面を調節することが、今回の研究で明らかになった。

子育ては、哺乳類の仔の生存と幸福にとって必須だが、子育て行動の個々の要素が脳回路レベルでどのように統合されているのかという点は、解明が進んでいない。

今回、Catherine Dulacたちの研究グループは、視索前野のガラニン発現ニューロン(MPOAGAL)の機能にとって、外部信号(例えば、仔やその他の環境刺激)と体内のホルモン情報と代謝情報の統合だけでなく、子育ての運動要素、動機付け要素、ホルモン要素、および社会的要素を調整する能力が必要だという仮説を提示している。

Dulacたちは、ウイルスを用いたニューロン追跡法によって、子育てをしていない雌雄のマウスにおいて、MPOAGALニューロンが20以上の脳領域から直接入力を受けていることを明らかにした。次にDulacたちは、子育て中のマウスのMPOAGAL活性を性別と生殖状態ごとに調べて、個々のMPOAGALのプールが、子育ての特徴的側面に特異的に割り当てられていることを明らかにした。こうした機能的構成は、脊髄ニューロンのプールによる運動シーケンスの制御を想起させるものであり、社会的行動の個別要素が脳回路レベルで生成される過程を示す新たなモデルとなっている。

The preoptic area of the hypothalamus in mice serves as an integration hub for a large amount of information that underlies parenting behaviour, reports a paper published this week in Nature. Specifically, the authors find that galanin-expressing neurons in the preoptic area coordinate motor, motivational, hormonal and social aspects of parenting.

Parenting is essential for the survival and wellbeing of mammalian offspring, but how distinct components of this behaviour are orchestrated at the brain-circuit level remains poorly understood.

Catherine Dulac and colleagues hypothesize that the function of galanin-expressing neurons in the preoptic area (MPOAGAL) requires integration of external signals such as pup- and other environmental stimuli with internal hormonal and metabolic information, as well as the ability to orchestrate motor, motivational, hormonal and social components of parenting.

The authors used viral neuronal tracing and found that MPOAGAL neurons receive direct inputs from more than 20 areas in non-parenting male and female mice. They then examined MPOAGAL activation during parenting according to the mouse’s sex and reproductive state, and found that individual pools of MPOAGAL are assigned to specific characteristic aspects of parenting. This functional organization recalls that of the control of motor sequences by pools of spinal cord neurons, and provides a new model for how discrete elements of a social behaviour are generated at the circuit level.

doi: 10.1038/s41586-018-0027-0|英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度