Research press release

【神経科学】脳内免疫細胞のアルツハイマー病への関与の仕方

Nature

Neuroscience: How immune cells in the brain contribute to Alzheimer’s disease

アルツハイマー病患者の脳内におけるアミロイドβタンパク質のプラークの蓄積が、炎症の合図を引き金として起こるという考えを示す論文が、今週掲載される。典型的な神経変性疾患であるアルツハイマー病の特徴を理解することは、治療法の開発に役立つ可能性がある。

アルツハイマー病患者の脳内では、アミロイドβタンパク質の凝集体が蓄積してプラークが形成されるが、その結果、細胞の損傷と記憶喪失が起こる。この過程において炎症が何らかの役割を果たしていると考えられているが、その正確な内容を突き止めることは難題だった。今回、Michael Henekaたちの研究チームによるマウスを使った実験で、炎症の合図が引き金となって中枢神経系に存在する免疫細胞(ミクログリア)がASCタンパク質のスペックを放出し、ASCがアミロイドβタンパク質と結合して、脳内でのアミロイドβクラスターの凝集を促進することが明らかになった。これと同じことがアルツハイマー病のごく初期に起こっている可能性がある、とHenekaたちは推測している。

Henekaたちは、マウスの培養細胞と生体内において、ある種の抗体を用いてASCとアミロイドβの結合を妨げることで、アミロイド様凝集体の形成が抑制されることを明らかにした。これまでのところ、プロスペクティブ臨床試験に合格したアルツハイマー病の治療法はなく、この機構を標的とする治療法が臨床的に有用である可能性があるため、今回の研究で得られた知見は歓迎される。

Inflammatory cues may trigger the build-up of amyloid-β protein plaques in the brains of people with Alzheimer’s disease, suggests a study published in this week’s Nature. Understanding this classic disease hallmark could help efforts to develop new therapies for this neurodegenerative disorder.

In people with Alzheimer’s disease, aggregates of amyloid-β protein build up in the brain to form plaques, leading to cell damage and memory loss. Inflammation is thought to have a role, but the exact nature of its involvement has been hard to pin down. Michael Heneka and colleagues now show in mice that inflammatory cues trigger central-nervous-system-dwelling immune cells called microglia to release specks of a protein called ASC, which binds to the amyloid-β protein and promotes the aggregation of amyloid-β clusters in the brain. This may also occur in the very early stages of Alzheimer’s disease, the authors speculate.

Using an antibody to prevent ASC from binding to amyloid-β, they show that it reduces the formation of amyloid-like aggregates in mouse studies both in cultured cells and in live animals. Prospective trials of Alzheimer’s therapies have all failed thus far, so this finding is welcome, as it suggests therapies targeting this mechanism could be clinically useful.

doi: 10.1038/nature25158|英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度