Research press release

【薬理学】合成精神活性薬に対するワクチン

Nature

Pharmacology: A vaccine for a synthetic psychoactive drug

このほど実施されたマウスの研究で、合成精神刺激薬「フェネチリン」の中毒作用を緩和し、その化学的活性成分を同定できるワクチンが実証されたことを報告する論文が、今週掲載される。これまでにもフェネチリン特有の特性が急激に発生する原因となる特定の成分を同定することを目指した研究が行われたが、フェネチリンの独特な化学的複雑さのために成果が上がらなかった。

フェネチリン(商品名「カプタゴン」)は、中東での物質乱用と「薬理学的テロリズム」に関係している。サウジアラビアでは、12~22歳の薬物使用者の40%がフェネチリン中毒だと推定されている。

Kim Jandaたちの研究グループは、フェネチリンの各成分のワクチン投与を行ってフェネチリンの行動的影響の原因となる成分を解明することを目的とするDISSECTIVという「ワクチン投与による解析法」を開発した。過去のDISSECTIVを用いた研究では、古くから呼吸器疾患の治療薬として用いられてきたテオフィリンと興奮剤アンフェタミンとの機能的相乗作用が同定され、これらの薬剤がフェネチリン特有の作用の原因化学物質であることが明らかになっている。今回の研究ではDISSECTIVが用いられて、研究0日目、14日目、28日目にマウスに対してフェネチリンの各成分のワクチンの増分投与が実施され、フェネチリンの薬力学的作用が弱まった。このJandaたちの研究結果で、多成分混合体に含まれる単一の化学種に対するワクチンの増分投与を使って、複数の標的経路や疾患経路に作用する薬物の特性を解明できることが実証された。Jandaたちは、DISSECTIVを用いて医薬品に含まれる未知の活性化学種を明らかにし、複合剤の相互作用の仕組みを解明できるという考えを示している。

A vaccine that can mitigate the addictive effects of the synthetic psychoactive stimulant fenethylline, as well as identify its active chemical components, is demonstrated in a mouse study published in Nature this week. Fenethylline’s unique chemical complexity has prevented previous efforts to identify the specific components responsible for the rapid onset of its distinct psychoactive properties.

Fenethylline, known by the trade name Captagon, is linked to substance abuse and ‘pharmacoterrorism’ in the Middle East. In Saudi Arabia, it has been estimated that 40% of drug users aged 12-22 are addicted to fenethylline.

Kim Janda and colleagues developed a ‘dissection through vaccination’ approach, called DISSECTIV, which vaccinates against the various components found in fenethylline to determine those responsible for the behavioural effects of the drug. This approach identified a functional synergy between theophylline, a drug traditionally used to treat respiratory diseases, and amphetamine, a stimulant, as the chemicals responsible for fenethylline’s distinct effects. Incremental vaccination of mice against components of fenethylline using this approach on days 0, 14 and 28 of the study attenuated its pharmacodynamic effects. The authors’ results demonstrate that incremental vaccination against single chemical species within a multi-component mixture can be used to uncover properties of drugs that act on multiple target or disease pathways. They suggest that DISSECTIV can be used to expose unidentified active chemical species in pharmaceuticals and illuminate how different complex drugs interact with each other.

doi: 10.1038/nature23464

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度