Research press release

【進化】類人猿の進化の謎に解明の光を当てる古代の頭蓋骨

Nature

Evolution: Ancient skull sheds light on ape evolution

ケニアで1300万年前の類人猿の乳仔の頭蓋骨が発見され、類人猿の進化を洞察するための新たな手掛かりが得られたことを報告する論文が、今週掲載される。この化石標本は、ヒト上科(テナガザル、類人猿、ヒトを含む)の姉妹群であるNyanzapithecusの新種とされ、テナガザルにある程度似ているが、現生類人猿の共通祖先の近縁種であった可能性が非常に高いと論文著者は考えている。

ヒト上科は、中新世(およそ2300~500万年前)に広範に多様化し、40以上の種によって構成されるようになったが、頭蓋化石によって同定されているのは全体のわずか3分の1にすぎない。特にアフリカのヒト上科の化石記録には、1700~700万年前のかなり完全な頭蓋化石が存在せず、1400~1000万年前の頭蓋化石標本は1つも発見されていない。

今回、Isaiah Nengo、Fred Spoorたちの研究グループは、1300万年前と年代決定された類人猿の乳仔のほぼ完全な頭蓋骨について記述した論文を発表した。この新種Nyanzapithecus alesiは、頭蓋全体の形態と歯の成長のいろいろな側面でテナガザル科の数種と類似しているが、これらの特徴はそれぞれ独立に進化していた。これに対して、Nengoたちは、N. alesiの内耳の半規管が比較的小さいため、明らかに別種であることを指摘している。半規管は、運動の知覚にとって重要な特徴だ。また、Nengoたちは、N. alesiの移動運動には現生テナガザル種の曲芸的なぶら下がり運動ほどの素早さと機敏さがなかったと推定している。

The discovery of a 13-milllion-year-old skull of an infant ape from Kenya offers new insights into ape evolution. The specimen, reported this week in Nature, is assigned to a new species in the genus Nyanzapithecus, a sister group to hominoids (gibbons, great apes and humans). Although the new species shows some similarities to gibbons, the authors suggest that it was most probably a close relative of the common ancestor of extant apes.

During the Miocene epoch (approximately 23 to 5 million years ago) hominoids diversified extensively, resulting in over 40 different species. However, only one third of these species have been identified from cranial remains. The African fossil hominoid record in particular lacks any reasonably complete crania between 17 and 7 million years ago, and no cranial specimens from between 14 and 10 million years ago have been discovered until now.

Isaiah Nengo, Fred Spoor and colleagues describe an almost complete infant ape cranium dated to 13 million years ago. The new species, Nyanzapithecus alesi, is similar to some species of gibbon in aspects of overall cranial morphology and dental development, although these features evolved independently. However, the authors note that it is distinctly different owing to the relatively small size of its semicircular canal, a feature relevant for the perception of motion. The authors suggest that N. alesi would have exhibited a slower, less agile mode of locomotion than the acrobatic swinging movements of present-day gibbon species.

doi: 10.1038/nature23456|英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度