Research press release

【老化】視床下部が老化を制御する仕組み

Nature

Ageing: How the hypothalamus controls ageing

健康な視床下部幹細胞を移植することで老化を遅らせることができ、健康な視床下部幹細胞を失うと老化が加速することが、このほど行われた中齢マウスの研究で示唆された。老化には神経系が何らかの役割を果たしていることが知られており、視床下部が特に重要なことが最近の研究で明らかになったが、老化の身体的徴候が生じる正確な仕組みは、まだ解明されていない。この視床下部の影響がヒトにも当てはまるのかどうかを判断するには、さらなる研究が必要とされる。この研究結果について報告する論文が、今週のオンライン版に掲載される。

成体の神経幹細胞(NSC)は、わずかな数の脳領域(特に視床下部)に存在し、神経新生(ニューロンの形成)と脳機能のいくつかの局面に関与している。神経新生の低下は、老化関連疾患と相関していることが知られている。

Dongsheng Caiたちの研究グループは、最近の研究で、視床下部が全身老化の一因となっていることを明らかにしているが、それを裏付けとして、今回の研究では、いくつかのマウスモデルを用いて、視床下部の神経幹細胞が老化過程の原因なのかどうかを調べた。Caiたちは、このマウスモデルの体内にある特定の幹細胞を欠損させて、老化に似た生理的変化の加速または寿命の短縮を観察した。逆に、中齢マウスに健康な幹細胞を移植したところ、老化が遅くなり、寿命が延びた。また、Caiたちは、視床下部の神経幹細胞が脳脊髄液に分泌するエキソソームマイクロRNAが、この神経幹細胞による抗老化作用の一部に関係していることを明らかにした。Caiたちは、視床下部の神経幹細胞の欠損が全身老化の重要な原因だと結論づけており、この結論によってCaiたちの当初の仮説が補強された。

The transplantation or loss of healthy hypothalamic stem cells may slow down or accelerate ageing, respectively, suggests a study in mid-aged mice published online in Nature this week. Although it is known that the nervous system has a role in ageing, and recent research has demonstrated that the hypothalamus is particularly important, the exact process, which leads to the physical signs of ageing, is still unknown. Further research is needed to determine whether these effects may also apply to humans.

Adult neural stem cells (NSCs) reside in a few brain regions, notably in the hypothalamus, to mediate neurogenesis - the formation of neurons - and several aspects of brain function. A decrease in neurogenesis is known to correlate with ageing-associated disorders.

Supported by their recent work showing that the hypothalamus has a role in causing systemic ageing, Dongsheng Cai and colleagues studied whether hypothalamic NSCs might be responsible for this process using several mouse models. By inducing the loss of specific stem cells in mice, the authors observed accelerated, ageing-like physiological changes or a shortened lifespan. Conversely, ageing was slowed and longevity was achieved in mid-aged mice implanted with healthy cells. The authors also reveal that the anti-ageing effect of hypothalamic NSCs is partially mediated by exosomal microRNAs, which these cells secrete into the cerebrospinal fluid. The authors conclude that loss of hypothalamic NSCs is an important cause for the whole body’s ageing, an understanding that reinforces their original hypothesis.

doi: 10.1038/nature23282|英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度