Research press release

【幹細胞】幹細胞から眼を作り上げる

Nature

Stem cells: Building eyes from stem cells

実際の眼球全体の発生に似たプロセスで、いくつかの極めて重要なタイプの眼組織をヒト幹細胞から作製する方法について記述された論文が、今週のオンライン版に掲載される。この眼組織を角膜性視覚障害の動物モデルに移植すると、眼球の前面が修復され、視力が回復することも明らかになった。

眼は、発生過程の多様な細胞系譜に由来する高度に特殊化した組織によって構成されている。これまでには、特定の種類の細胞(例えば、網膜や角膜を構成する細胞)を実験室で多能性幹細胞から作製できることが複数の研究で実証されていた。しかし、これらの研究には、眼球全体の発生の複雑性が反映されていない。

今回、西田幸二(にしだ・こうじ)たちは、ヒト人工多能性幹細胞を用いて、眼の複数の細胞系譜(例えば、水晶体、角膜、結膜)を作製したことを報告している。西田たちは、角膜上皮細胞を培養し、実験的に失明させたウサギの眼に移植することによって眼球の前面を外科的に修復できることを明らかにした。西田たちは、今回の研究が視覚機能を回復するための眼球の最前部の移植の臨床試験を行う際の土台となる可能性があると考えている。

A method for generating several key types of eye tissue from human stem cells in a way that mirrors whole eye development is described online this week in Nature. When transplanted to an animal model of corneal blindness, these tissues are shown to repair the front of the eye and restore vision.

The eye is composed of highly specialized tissues that are derived from a variety of cell lineages during development. Previous studies have demonstrated that particular cell types, such as those that constitute the retina or cornea, can be created in the laboratory from pluripotent stem cells. However, these studies do not represent the complexity of whole eye development.

Kohji Nishida and colleagues report the generation of multiple cell lineages of the eye, including the lens, cornea, and conjunctiva, using human induced pluripotent stem cells. They show that the corneal epithelial cells can be cultivated and transplanted onto the eyes of rabbits with experimentally induced blindness to surgically repair the front of the eye. The authors suggest that their work could set the stage for future potential human clinical trials of anterior eye transplantation to restore visual function.

doi: 10.1038/nature17000

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度