Research press release

【気候科学】モデルシミュレーションと矛盾する数千年間の水文データ

Nature

Climate science: Millennia of hydrological data challenge model simulations

北半球における1,200年間の水と気候の相互作用(水文気候)の変動が再現されたが、この新証拠は、20世紀の気候モデルのシミュレーションで示された異常降雨と異常乾燥の激化を裏付けるものとなっていないことが今回の研究で示唆されている。この結果を報告する論文が、今週掲載される。

今回、Fredrik Ljungqvistたちは、これまでに公表された過去1,000年以上にわたる北半球での降水、乾燥、洞窟生成物、木の年輪、海底堆積物、氷床コア、その他の水文気候変動の指標の記録を分析し、9~11世紀と20世紀の降水量が比較的多く、12~19世紀は乾燥していたことを報告している。この新知見は、¬850~2005年の降水量と気温のモデルシミュレーションの結果と原則的に一致している。しかし、今回のLjungqvistたちの再現では、気候温暖化によって降水量の多い地域で降水量が増加し、乾燥した地域で降水量がさらに減るというシミュレーションに示された傾向が裏づけられていない。Ljungqvistたちは、人間の活動が水文サイクルに及ぼす影響を評価するために研究を積み重ねる必要があると結論づけている。

A reconstruction of 1,200 years of variability in the interaction between water and climate (hydroclimate) for the Northern Hemisphere is presented in a paper published online this week in Nature. The evidence does not support the intensification of wet and dry extremes simulated by climate models for the twentieth century, the study suggests.

Fredrik Ljungqvist and colleagues analysed previously published records of precipitation, drought, speleothems, tree rings, marine sediments, ice cores and other indicators of hydroclimate variability, each spanning at least the past millennium across the Northern Hemisphere. They report that the ninth to eleventh and the twentieth centuries were comparatively wet and the twelfth to nineteenth centuries were drier, a finding that generally agrees with model simulations of precipitation and temperature covering the years 850-2005. However, their reconstruction does not support the tendency in simulations of the twentieth century for wet regions to get wetter and dry regions to get drier in a warmer climate. They conclude that more work is needed to assess the impact of human activity on the hydrological cycle.

doi: 10.1038/nature17418

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度