Research press release

【化石】地球最古の生命化石がグリーンランドで発見

Nature

Fossils: Earth’s oldest fossils found in Greenland

これまでに知られている化石の中で最も古いのがイスア(グリーンランド)の37億年前の微生物累層であることを説明する論文が、今週掲載される。この化石は、地球上における生命の存在を示す化石証拠として現在最古のものより2億2000万年も古い。

今回、Allen Nutmanたちは、グリーンランド南西部のイスアで発掘された変成岩(約37億年前のものとすでに年代決定されている)の中に保存されていた高さ1~4 cmのストロマトライト化石(微生物の層状成長によって形成された堆積岩層)を発見した。 この化石は、最近の万年雪の融解によって出現したものであり、浅海環境で堆積したものと考えられている。この岩石の詳細な化学組成、堆積構造、岩石中の鉱物などいくつかの証拠を総合すると、このストロマトライトが生き物によって作られたことが示されている。

以上の新知見は、生命の起源を40億年以上前と定めた過去の遺伝的分子時計研究とも整合性がある。

The oldest fossils known to date - 3,700-million-year-old microbial formations from Isua, Greenland - are described in a study published in Nature this week. These fossils predate the current earliest fossil evidence for life on Earth by 220 million years.

Allen Nutman and colleagues discovered 1-4-cm-high fossil stromatolites - sedimentary formations created by the layered growth of microorganisms - preserved in metamorphic rocks in Isua, southwest Greenland, that have previously been dated to about 3,700 million years old. The fossils, which were exposed by the recent melting of a perennial snow patch, are thought to have been deposited in a shallow marine setting. Several lines of evidence, such as details of the chemistry, sedimentary structures and minerals in the rocks, together indicate that the stromatolites were formed by live organisms.

These findings are consistent with previous genetic molecular clock studies that place the origins of life over 4,000 million years ago.

doi: 10.1038/nature19355

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度