Research press release

【生態学】ハワイガラスの採餌は枝を使う

Nature

Ecology: Hawaiian crows get twiggy with it

食物を獲得するときにハワイガラス(Corvus hawaiiensis)が道具を使用することが、今週掲載される論文で明らかにされる。道具の使用は鳥類にはまれな行動であり、これまでカラス科ではカレドニアガラスしか知られていなかった。

南太平洋のニューカレドニア島に生息するカレドニアガラス(Corvus moneduloides)は、その道具使用行動で科学者たちを長年戸惑わせてきた。この注目すべき行動の進化的起源は、主として同属種との比較ができなかったことにより、これまで解明されてこなかった。

Christian Rutzたちは、別の熱帯性カラス科鳥類であるハワイガラス(アララー)が極めて器用に道具を使用することを明らかにした。野生のハワイガラスは2000年代前半に絶滅し、現在は飼育下のもののみが生存している。生存するハワイガラス109羽のうち104羽で研究チームが試験を行ったところ、78%が自分から棒を道具に使い、くちばしの届かないところにいる獲物を探ったという。道具の使用率が年齢によって異なることも分かり、全成鳥の93%が道具を使用したのに対し、幼鳥では47%にとどまった。さらに、少なくとも2種類の証拠から、道具の使用がハワイガラスの自然行動レパートリーの一部であることが示唆された。その証拠とは、幼鳥が訓練も社会的入力もなく機能的な道具の使用を身につけたこと、および巧みな道具の使用が全種的な能力と考えられたことの2点である。

ハワイガラスはカレドニアガラスとの類縁関係が近いわけではないが、熱帯の孤島の類似した環境で進化しており、道具関連の適応に関する収斂進化が起こったのではないかと研究チームは考えている。そうであれば、鳥類では、採餌用の道具の使用が、埋もれた獲物をめぐる限定的な競争および低い捕食リスクなど、島嶼に典型的な生態学的条件によって促進されるという考え方が支持される。

Hawaiian crows (Corvus hawaiiensis) use tools when foraging for food - a rare behaviour in birds that had hitherto been confined to New Caledonian crows within the crow family - finds a study published in this week’s Nature.

Crows living on the South Pacific island of New Caledonia (Corvus moneduloides) have long baffled scientists with their tool-use behaviour. The evolutionary origin of this remarkable behaviour has remained elusive mainly because comparisons with species of the same genus were not possible.

Christian Rutz and colleagues show that another tropical corvid, the Hawaiian crow (‘Alala'), is a highly dexterous tool user. Hawaiian crows became extinct in the wild in the early 2000s, and currently only survive in captivity. The authors tested 104 of the 109 surviving Hawaiian crows and found that 78% of them spontaneously used stick tools to probe for food that was out of reach. They also found that tool use varied with age, with 93% of all adult crows using tools compared to 47% of younger birds. Moreover, at least two lines of evidence suggested that tool use is part of the species’ natural behavioural repertoire: juvenile crows developed functional tool use without training or social input; and proficient tool use was seen to be a species-wide capacity.

As Hawaiian crows are only distantly related to New Caledonian crows but evolved in similar remote tropical-island environments, the authors suggest that convergent evolution of tool-related adaptations may have taken place. This in turn supports the idea that, in birds, tool use for foraging is facilitated by ecological conditions typical of islands, such as reduced competition for embedded prey and low predation risk.

doi: 10.1038/nature19103|英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度