Research press release

人間行動:対人暴力の起源は進化系統樹の中にあるかもしれない

Nature

Human behaviour: The roots of human violence may lie in our evolutionary tree

個体間の致命的な暴力は、霊長類に固有の特徴であり、ヒトはそれを進化の過程で受け継いだことを示した論文が、今週掲載される。

同種の個体に対する暴力行為は、特定の哺乳類(例えば霊長類)に一般的に見られるが、コウモリ、クジラなど他の動物に関してはほとんど知られていない。ただし、ヒトの攻撃行動が、進化系統樹におけるヒトの位置にどの程度影響されているのかは、はっきりしていない。ヒトの暴力の心理学的、社会学的、進化的起源について、研究者は長い間頭を悩ましてきた。それは、暴力における文化的要素と非文化的要素の相対的重要性を分けて考えられなかったことによる。

今回、Jose Maria Gomezたちは、約5万年前から現在までの哺乳類(分類学上の137科、1024種)とヒト集団(約600)における400万件以上の死亡例からデータをまとめ、致命的な暴力の占める割合を定量化した。Gomezたちは、さまざまなヒトと哺乳類の情報源からデータを取り出し、系統発生学的比較研究ツールを用いて、ヒトの死亡例全体において対人暴力を原因とする死亡例の割合を約2%と推定した。この数値は、先史時代のヒトに関する観察値と一致している。

さらにGomezたちは、進化的に推定された場合とヒトの歴史において経験的に観察された場合で致命的暴力の占める割合がどのように異なっているのかを調べた。その結果、ヒトの歴史を通じて致命的な対人暴力の占める割合が変動し、そのほとんどがヒト集団の社会政治的組織化の変化に関連していることが明らかになった。この研究結果は、ヒトによって進化的に受け継がれた致命的暴力が文化の影響を受けることを示唆している。

Lethal interpersonal violence is a particular feature of primates and is likely to have been inherited by humans during the course of evolution, finds a new study published in Nature this week.

Violent behaviour directed towards members of the same species is known to be common in certain mammals, such as primates, but is virtually unknown in others, such as bats and whales; however it is not clear how much of human aggressive behaviour is driven by our position in the evolutionary tree. The psychological, sociological and evolutionary origins of human violence have long confounded academics, who have been unable to disentangle the relative importance of cultural and non-cultural components.

Jose Maria Gomez and colleagues compile data from over 4 million deaths and quantify the level of lethal violence in 1,024 mammal species from 137 taxonomic families and in about 600 human populations, ranging from about 50,000 years ago to the present. Taking data from a variety of human and mammalian sources, they use phylogenetic comparative tools to predict that the overall proportion of human deaths caused by interpersonal violence stands at around 2% - a figure that matches the observed value for prehistoric man.

The authors also investigate how the evolutionarily inferred level of lethal violence differs from that empirically observed during human history. They show that levels of lethal interpersonal violence have changed throughout history, mostly in conjunction with changes in socio-political organization of human populations. These results suggest that culture can influence evolutionarily inherited lethal violence in humans.

doi: 10.1038/nature19758|英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度