Nature ハイライト

生物工学:塩基エディターのトランスクリプトーム規模での編集活性

Nature 569, 7756

塩基を編集するCRISPR技術は、標的のヌクレオチドを変化させることで、正確なゲノム編集をもたらす可能性がある。 J Joung たちは今回、ラットのAPOBEC1を利用するエディターが、そのシトシン脱アミノ反応活性によって、RNAを編集することを示している。彼らが設計したSECUREバリアントは、このようなオフターゲットのRNA編集活性を低下させるのに役立つと考えられる。

2019年5月16日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度