Nature ハイライト

天文学:合体する星からの広角アウトフローが電波で明らかになった

Nature 554, 7691

2017年8月17日、合体する中性子星の重力波の痕跡が捉えられ、それに続いて、継続時間の短い弱いγ線バーストが検出された。この重力波源の位置は、銀河NGC 4993であるとすぐに特定され、電磁スペクトルの別々の領域を測定するさまざまな電波望遠鏡により追跡されたが、波長の大半で暗くなった。しかし、電波放射は強くなり続けている。当初は、可視光、X線、γ線のデータが、視線方向からずれた相対論的なジェットで説明できると考えられていたが、K Mooleyたちは今回、継続している電波観測の結果が、そうしたジェットとは一致しないことを報告している。むしろ、この電波データは、やや相対論的な広角アウトフローで最もよく説明できる。

2018年2月8日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度