Nature ハイライト

神経科学: 味覚系をいじって苦味と甘味を混乱させる

Nature 548, 7667

味細胞は非常に急速に代謝回転していて、その寿命はわずか5~20日であるが、このように常に補充されている味細胞が、それぞれの結合相手である神経節ニューロンと適切な結合を再構築する仕組みについては分かっていない。今回C Zukerたちは、味受容器細胞が、味受容器細胞タイプごとに異なる軸索ガイダンス分子を使って、特定の味質を表現するニューロンと結合を作る(例えば、苦味受容器細胞は苦味ニューロンと結合する)ことを明らかにしている。著者たちはこの分子的論理を証明するため、甘味受容器細胞に苦味ガイダンス分子を異所的に発現させるだけで、甘味受容器細胞を苦味ニューロンと結合させた。今回の知見で、味覚系がこれほど大規模に細胞の代謝回転を行いながらも、その構成と特異性を保っている仕組みについての手掛かりが得られた。

Letter p.330
doi: 10.1038/nature23299 | 日本語要約 | Full Text | PDF
News & Views p.285
doi: 10.1038/nature23537 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年8月17日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度