Nature ハイライト

生物工学:REXERを使ったコドンの置換

Nature 539, 7627

REXER(Replicon EXcision for Enhanced genome engineering through programmed Recombination)は、大腸菌(Escherichia coli)ゲノムにDNAの大きな断片を挿入できる新しい手法で、これを繰り返せば、ゲノムの大きな領域を合成DNAで置換できる。今回J Chinたちは、この方法が大腸菌オペロンの大規模なリコーディングに応用できることを示しており、また同義コドン置換スキームの許容性を系統立てて調べ、リコーディングに抵抗性を示す特異的部位を明らかにしている。この手法はさらに、合成ゲノムの生成を加速する手段としても利用できるかもしれない。

2016年11月3日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度