Nature ハイライト

マイクロバイオーム:腸内細菌と宿主のインスリン感受性

Nature 535, 7612

今回、腸内細菌のメタボロームとインスリン抵抗性との関連が調べられ、インスリン抵抗性が見られる個体ではリポ多糖と分枝アミノ酸(BCAA)の生合成能が上昇していることが明らかになった。このことは、ディスバイオーシス、すなわち腸内細菌相のバランス異常により誘導される血清メタボロームの変化が糖尿病発症に関わっていることを示唆している。腸内細菌の機能とインスリン抵抗性の間の正の相関は、その大部分が少数の細菌種、特にPrevotella copriBacteroides vulgatusによるものであることが分かった。マウスにP. copriを投与すると、BCAAの循環血清レベルが上昇し耐糖能障害が悪化した。

2016年7月21日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度