Nature ハイライト

Cover Story:フライバイに備える:NASAニューホライズンズ探査機が冥王星に到達した時に見るもの

Nature 522, 7554

表紙は、冥王星系の背後で働く機構を説明するイラストで、「ギア比」は観測される軌道比の1:3:4:5:6を実際に作れるようなものとなっている。M ShowalterとD Hamiltonは、NASAのニューホライズンズ探査機が7月14日のフライバイに向け冥王星に高速で接近しているのに関連して、冥王星系から得られた新しい結果を公表し、この探査機が観測する可能性のあるものについて予想している。冥王星の4つの小さい衛星である、ステュクス(Styx)、ニクス(Nix)、ケルベロス(Kerberos)、ヒュドラ(Hydra)は、冥王星とその大きな衛星カロンからなる中央の「二重惑星」の周りの赤道面に近いほぼ円形の軌道を周回している。ハッブル宇宙望遠鏡から得られた画像の解析では、ステュクス、ニクス、ヒュドラが、三体共鳴により結び付いていることが示された。その他の天体による摂動により、それがなければ安定なこの配置にカオスがもたらされ、その結果、ニクスとヒュドラは、冥王星–カロン連星の大きなトルクに駆動されてカオス的に自転する。ニクスとヒュドラはカロンと同様に明るい表面を持つが、ケルベロスはこれらよりずっと暗いと考えられる。

2015年6月4日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度