Nature ハイライト

コロナウイルス:SARS-CoV-2の現在拡散中で懸念されている変異株に対する中和活性

Nature 593, 7857

P Wangたちは今回、重症急性呼吸器症候群ウイルス2(SARS-CoV-2)のさまざまな変異体(B.1.1.7変異株とB.1.351変異株を含む)が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)から回復した患者由来の血清、ワクチン既接種者由来のモノクローナル抗体と血清によるウイルス粒子の阻害にどのような影響を及ぼすかを報告している。COVID-19回復期患者由来の血清抗体の変異株に対する中和能は低下していることが実証され、スパイクタンパク質特異的な30種類の中和抗体の中で変異株によって効果が損なわれない抗体が突き止められた。また、ワクチン既接種者由来の血清でも、回復期患者の血清でのデータが再現され、調べた血清サンプルはどれもが、B.1.351変異株に対する中和活性は大幅に低下していたが、B.1.1.7変異株に対する中和活性の低下はそれほど大幅ではなく、血清サンプル全体を通じて見られるわけではなかった。これらの結果を総合すると、これら2種類の変異株は現在のワクチンの効果を低下させる恐れがあり、また現在すでに臨床で利用されていたり、あるいは開発中である数種類のモノクローナル中和抗体に対して抵抗性を示す可能性があることが明らかになった。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度