Nature ハイライト

心血管疾患:コレステロール関連疾患リスクの中心地域の世界的な変遷

Nature 582, 7810

高い血中コレステロール値は一般に、豊かな西洋諸国の特徴だと考えられてきた。しかし、そうしたコレステロール値を左右する食餌や行動の急速な変化が世界中で起きている。今回、1億人以上のデータが含まれる1000以上の研究のプール解析によって、200か国における1980〜2018年の総コレステロール、高密度リポタンパク質(HDL)コレステロール、非HDLコレステロールの平均値の動向を推定した結果が報告されている。この期間中、総コレステロールや非HDLコレステロールの値は、特に東アジアおよび東南アジアの低所得国および中所得国で著しく上昇していたが、特に北西ヨーロッパ高所得の西洋諸国や中央および東ヨーロッパでは減少していた。結果として、非HDLコレステロールレベルの最も高い国々は、1980年にはベルギーやアイスランドなどの西ヨーロッパ諸国であったのが、マレーシア、フィリピン、タイなどのアジア大西洋諸国へと移り変わっていた。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度