目次

Editorials

ドイツは、感染症の流行に対して的確に対処するために、報告、情報伝達の複雑な制度を改革する必要がある。

p.251

doi: 10.1038/474251a

核実験や原子力発電所事故による放射線のデータは、制約を設けずに、学界、社会に広く公開すべきだ。

p.251

doi: 10.1038/474251b

米国でのチンパンジーを用いる研究をめぐる議論に、研究者は積極的に参加することが必要だ。

p.252

doi: 10.1038/474252a

News

ミシシッピ川の洪水を詳しく調査することが、海岸修復計画の助けに。

p.259

doi: 10.1038/474259a

合成生物学界に、分子生物学と協力し、技術を導入しようとの気運が。

p.261

doi: 10.1038/474261a

マウスの全遺伝子のノックアウトライブラリーが、完成間近に。

Mouse library set to be knockout p.262

doi: 10.1038/474262a

植物データベースの大きな問題である名称の誤りや重複を、ファジーマッチングを利用して訂正するシステムが。

p.263

doi: 10.1038/474263a

ヨーロッパで大がかりな研究助成金不正受給が判明し、大きな問題に。

p.265

doi: 10.1038/474265a

News Features

動物実験:チンパンジーを使う研究が審査の場に

p.268

チンパンジーを使った侵襲性実験は、現在、米国とガボンだけでしか行われていないが、米国でも、動物愛護運動の高まりを受け、やめるべきかを検討し始めている。

doi: 10.1038/474268a

量子生物学:量子生物学の夜明け

p.272

実用的な量子コンピューターと高効率太陽電池のカギは、緑の植物や鳥など、物理学研究室の外に広がる雑然とした自然界に転がっているのかもしれない。

doi: 10.1038/474272a

News & Views

動物行動:根っからのリーダー

p.288

集団で生活する動物では、一部の個体がリーダーとなり、そのほかの個体はそれに従うものになる。モデル化研究で、指導者たちの変動は自然に生まれるもので、知識あるいは権力の差に必ずしも関連していないことが示された。

doi: 10.1038/474288a

タンパク質合成:ナンセンスをなしにする

p.289

タンパク質の翻訳停止を知らせるシグナルに小さな生化学的変更を加え、メッセンジャーRNA段階でアミノ酸をコードするシグナルに書き換えることができた。しかも、そのDNAのほうには変更が生じないのである。

doi: 10.1038/474289a

凝縮系物理学:巨視的現象を顕微鏡で見る

p.290

近藤格子として知られる材料中に磁気モーメントが存在すると、その材料の性質がエキゾチックなものへと変わることがある。このような変換を画像化する試みが、今回初めて成功した。

doi: 10.1038/474290a

構造生物学:触媒につながる穴

p.292

糖を輸送する酵素の1つの結晶構造から、広く見られるタンパク質修飾反応の仕組みについての知見が得られ、この酵素がタンパク質中の特定のアミノ酸配列を認識する、今まで謎とされていた仕組みが明らかになった。

doi: 10.1038/474292a

宇宙物理学:初期のブラックホールの発見

p.293

遠く離れた銀河からの集団的X線放射によって、これまで見えなかった超大質量ブラックホールの集団が見つかった。この発見は、銀河とその中心のブラックホールが宇宙の初期から共進化してきたことを示唆している。

doi: 10.1038/474293a

遺伝子発現:自閉症をときほぐす

p.294

自閉症の脳で起こる原発的な変化と二次的な変化を分けることは、ずっと以前からの研究目標の1つだった。広範囲にわたる分子的異常が明らかになっているため、最良の治療標的を突き止めることが優先事項となってきている。

doi: 10.1038/474294a

Articles

遺伝:マウスの遺伝子機能の全ゲノム解析研究に使うための条件的ノックアウト資源

A conditional knockout resource for the genome-wide study of mouse gene function p.337

doi: 10.1038/nature10163

構造生物学:潜在型TGF-βの構造と活性化

Latent TGF-β structure and activation p.343

doi: 10.1038/nature10152

構造生物学:細菌のオリゴ糖転移酵素のX線構造

X-ray structure of a bacterial oligosaccharyltransferase p.350

doi: 10.1038/nature10151

Letters

宇宙:初期宇宙におけるブラックホールの成長は自己制御されており、大部分は隠されて見えない

Black hole growth in the early Universe is self-regulated and largely hidden from view p.356

doi: 10.1038/nature10103

宇宙:ヘリオシース遷移層でのプラズマの外向き流速はほぼ零である

Zero outward flow velocity for plasma in a heliosheath transition layer p.359

doi: 10.1038/nature10115

物理:重いフェルミオン金属YbRh2Si2における局所近藤スクリーニングと空間コヒーレンスの出現

Emerging local Kondo screening and spatial coherence in the heavy-fermion metal YbRh2Si2 p.362

doi: 10.1038/nature10148

化学:多孔性有機分子結晶の予測可能なモジュール式集合形成

Modular and predictable assembly of porous organic molecular crystals p.367

doi: 10.1038/nature10125

脳:前頭前皮質ドーパミンによる視覚皮質信号の制御

Control of visual cortical signals by prefrontal dopamine p.372

doi: 10.1038/nature09995

生理:ナノメートル以下のスケールでは、密集した不動毛間に働く力が耳内部の摩擦を最小にしている

Forces between clustered stereocilia minimize friction in the ear on a subnanometre scale p.376

doi: 10.1038/nature10073

遺伝:自閉症の脳のトランスクリプトーム解析により明らかになる分子的病態の収束

Transcriptomic analysis of autistic brain reveals convergent molecular pathology p.380

doi: 10.1038/nature10110

医学:原核生物のmRNAの検出は微生物の生存を示し、免疫を促進する

Detection of prokaryotic mRNA signifies microbial viability and promotes immunity p.385

doi: 10.1038/nature10072

遺伝:eRNAによって機能的に定義された異なる種類のエンハンサーによる転写の再プログラム化

Reprogramming transcription by distinct classes of enhancers functionally defined by eRNA p.390

doi: 10.1038/nature10006

細胞:ターゲッティド偽ウリジン化によるナンセンスコドンのセンスコドンへの変換

Converting nonsense codons into sense codons by targeted pseudouridylation p.395

doi: 10.1038/nature10165

細胞:先天性角化不全症患者由来の誘導多能性幹細胞におけるテロメア短縮と自己複製能の喪失

Telomere shortening and loss of self-renewal in dyskeratosis congenita induced pluripotent stem cells p.399

doi: 10.1038/nature10084

医学:COP1は腫瘍抑制因子で、ETS転写因子の分解を引き起こす

COP1 is a tumour suppressor that causes degradation of ETS transcription factors p.403

doi: 10.1038/nature10005

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度