目次

Editorials

研究機関も研究者も膨大な量の新しいデータを扱えるよう対応を考え、情報検索技術を賢く利用すべきだ。

p.1

doi: 10.1038/455001a

科学分野での東西の協力は、グルジア危機を乗り越えて続けるべきだ。

p.2

doi: 10.1038/455002b

高エネルギー物理学者たちは、宇宙誕生の謎の説明を方程式に頼ってごまかさないでほしい。

p.2

doi: 10.1038/455002a

News

核拡散防止、宇宙開発、気候変動対策などでの欧州とロシアの協力関係に、グルジア問題が暗い影を。

p.6

doi: 10.1038/455006a

注目を集める暗黒物質探査のデータを、学会発表時に撮影した学者が論文に引用。

p.7

doi: 10.1038/455007a

SPECIAL REPORT 10年前に登場した検索エンジンGoogleは世界を大きく変えたが、今後、同じような変化をもたらすのはどのような技術だろうか。

p.8

doi: 10.1038/455008a

米共和党が政治要綱で、公的私的を問わず、ヒト胚研究を禁止へ。

p.12

doi: 10.1038/455012a

News Features

「ペタセンター」へようこそ

p.16

1兆×1万バイトの情報の保存が、ごく当たり前のように行われるようになっている。

doi: 10.1038/455016a

ウィキオミクス

p.22

データの管理や解釈にウィキペディアに似たウェブページを利用しようという、一部の生物学者たちの先進的な試みは、広く受け容れられるだろうか。

doi: 10.1038/455022a

News & Views

宇宙物理学:ブラックホールの核心に触れる

p.39

ブラックホールは本当に存在するのだろうか。現在得られる最高の分解能での観測では、ブラックホールの存在が否定されるのは、重力の挙動に大きなずれがあり、それが一般相対性理論で説明される場合だけだろうという結果が得られた。

doi: 10.1038/455039a

免疫学:T細胞をチェックするオキシステロール

p.40

オキシステロール依存性の転写因子であるLXRβは、細胞のコレステロール濃度を制限することにより、未成熟T細胞の増殖を制御している。この経路は、免疫応答調節のための薬理学的標的となるかもしれない。

doi: 10.1038/455040a

実験物理学:分光学の新しい段階

p.41

測定対象によって吸収または放出されるエネルギーの分光学的測定は、非常に大事な実験技術である。革新的手法によって、以前には無理だったデータを得る道が開けた。

doi: 10.1038/455041a

医療用画像診断装置:小さければ小さいほどいい

p.43

医学分野で用いられている磁気共鳴画像化装置は、高磁場磁石が大きいために広い場所をとる。だが、超低磁場装置の開発によって、携帯可能なタイプに近いものが将来登場するかもしれない。

doi: 10.1038/455043a

低分子RNA:微調整器としてのマイクロRNA

p.44

マイクロRNAはそれぞれ、数百種類のタンパク質の産生を抑制することができる。このやり方でのタンパク質濃度の低下は小規模なことが多いが、このようなRNAの多くは共同して遺伝子発現を微調整しているらしい。

doi: 10.1038/455044a

追悼:Victor Almon McKusick氏(1921-2008)

p.46

遺伝医学における「静かな革命家」であったMcKusick氏が亡くなられた。ご冥福を祈りたい。

doi: 10.1038/455046a

FEATURE:バイオキューレーションの将来

p.47

生物学の研究者が研究から生み出される膨大なデータを使いやすくするバイオキューレーションという分野が育つには、組織作りに加えて、この職業が広く認知され、支持を得ることが緊急に必要だ。

doi: 10.1038/455047a

Articles

物理:固体人工原子の振幅分光法

Amplitude spectroscopy of a solid-state artificial atom p.51

doi: 10.1038/nature07262

生化学:マイクロRNAに誘導されるタンパク質合成の広範な変化

Widespread changes in protein synthesis induced by microRNAs p.58

doi: 10.1038/nature07228

細胞:タンパク質産生に与えるマイクロRNAの影響

The impact of microRNAs on protein output p.64

doi: 10.1038/nature07242

発生:IV型コラーゲンはショウジョウバエでBMPシグナル伝達を制御する

Type IV collagens regulate BMP signalling in Drosophila p.72

doi: 10.1038/nature07214

Letters

宇宙:銀河系中心に位置する超大質量ブラックホール候補における事象の地平面のスケール構造

Event-horizon-scale structure in the supermassive black hole candidate at the Galactic Centre p.78

doi: 10.1038/nature07245

物性:鉄系超伝導体LaOFePの電子構造

Electronic structure of the iron-based superconductor LaOFeP p.81

doi: 10.1038/nature07263

化学:単一成分ブロックコポリペプチドによって安定化されたナノスケールのダブルエマルション

Nanoscale double emulsions stabilized by single-component block copolypeptides p.85

doi: 10.1038/nature07197

化学:内殻正孔脱励起によって明らかになった液体水と水酸化物の相互作用

Interaction between liquid water and hydroxide revealed by core-hole de-excitation p.89

doi: 10.1038/nature07252

気候:最も強い熱帯低気圧の強度増加

The increasing intensity of the strongest tropical cyclones p.92

doi: 10.1038/nature07234

進化:複数の捕食者群が存在する場合の多モード警告信号

Multimodal warning signals for a multiple predator world p.96

doi: 10.1038/nature07087

ウイルス:巨大ミミウイルス独特の寄生体としてのウイロファージ

The virophage as a unique parasite of the giant mimivirus p.100

doi: 10.1038/nature07218

遺伝:真核生物では、挿入/欠失部位の近くで一塩基変異率が上昇する

Single-nucleotide mutation rate increases close to insertions/deletions in eukaryotes p.105

doi: 10.1038/nature07175

医学:天然HIV-1のgp120三量体の分子構造

Molecular architecture of native HIV-1 gp120 trimers p.109

doi: 10.1038/nature07159

発生:ニューロジェニン2は大脳皮質ニューロンの移動をRnd2の調節を介して制御する

Neurogenin 2 controls cortical neuron migration through regulation of Rnd2 p.114

doi: 10.1038/nature07198

細胞:Polo様キナーゼ-1はオーロラAによって活性化され、チェックポイントの回復を促進する

Polo-like kinase-1 is activated by aurora A to promote checkpoint recovery p.119

doi: 10.1038/nature07185

生化学:サイクリックAMP類似体およびRAP1Bと複合体を形成したEpac2の構造

Structure of Epac2 in complex with a cyclic AMP analogue and RAP1B p.124

doi: 10.1038/nature07187

細胞:連続運動中移動中のミオシンVaのメカノケミカルカップリングの直接観察

Direct observation of the mechanochemical coupling in myosin Va during processive movement p.128

doi: 10.1038/nature07188

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度