目次

Editorial

気候変動についての偏った主張に科学者がすばやく反論できるウェブサイトを歓迎したい。

Welcome climate bloggers p.933

doi: 10.1038/432933a

News

エイズの母子感染防止薬の安全性を疑問視する意見に対し、科学界とエイズ活動家がともに安全性と有効性を認める立場で一致。

Activists and researchers rally behind AIDS drug for mothers p.935

doi: 10.1038/432935a

国連気候変動枠組条約の締結国会議で、米国が議論に水を。

Bush slips off the hook over funds for ocean management p.936

doi: 10.1038/432936a

欧米の9人の気象学者が、温暖化問題の報道にすばやくコメントできるウェブサイト、RealClimate を立ち上げ。

Climatologists get real over global warming p.937

doi: 10.1038/432937a

化粧品業界と科学者が、アジア人特有の皮膚トラブルに取り組み。

Spotlight turns on cosmetics for Asian skin p.938

doi: 10.1038/432938a

News Features

新年にむけて:2005年への願い

All I want for 2005 is... p.942

2004年の科学界をふりかえり、世界の科学者たちに2005年の夢を尋ねる。

doi: 10.1038/432942a

News & Views

初期の太陽系:ハワイにある衝撃波面

Shock fronts in Hawaii p.957

隕石学における最も悩ましい問題が、まもなく解決されそうだ。これはもっとも原始的な隕石に広く見出される原始塵の小さなかけらはどういう過程で生じたかという問題である。

doi: 10.1038/432957a

糖尿病:インスリン抵抗性に勝つ方法

Outfoxing insulin resistance? p.958

インスリンに対する抵抗性があると、糖尿病にかかりやすくなる。その特徴は、貯蔵脂肪の増加とグルコース合成停止不全である。こうした影響の分子レベルでの基盤が解明された。highlights 参照。

doi: 10.1038/432958a

応用物理学:ナノチューブのアンテナ

Nanotube antennas p.959

数メートルの高さと幅を持つアレイアンテナならば、電波を検出・伝達できる。カーボンナノチューブでできたナノスケールのアレイでは、もっと波長の短い電磁波でもこうしたことが可能だと実証された。

doi: 10.1038/432959a

分子生物学:DNAの切断末端で作られるヘアピン構造

Hairpins at split ends in DNA p.960

トウモロコシの粒の色の変化、ハエで起こる突然変異、脊椎動物免疫系の抗体やT細胞の抗原受容体の変動に共通するものは何か。それが結構多いらしいことが、今回解明された。articles, p.995 参照。

doi: 10.1038/432960b

気候変化:雲の謎

The cloud conundrum p.962

地球温暖化に関する予想の際の大きな不確定要素の1つが、地球大気中に含まれる微粒子の影響である。これはおそろしく複雑な問題だが、それでも研究は進展しつつある。letters, p.1014 参照。

doi: 10.1038/432962a

発生生物学:自己消化で生き残る

Survival by self-digestion p.963

哺乳動物は出生直後に大変な難問に直面する。胎盤を介した栄養補給が無くなったのに、お乳はまだもらえないというわけだ。では、どうやってこの状態を切り抜けるのか? 動物自身の細胞を消化するというのが解答らしい。highlights 参照。

doi: 10.1038/432963a

自己消化で生き残る

p.963

哺乳動物は出生直後に大変な難問に直面する。胎盤を介した栄養補給が無くなったのに、お乳はまだもらえないというわけだ。では、どうやってこの状態を切り抜けるのか? 動物自身の細胞を消化するというのが解答らしい。highlights 参照。

doi: 10.1038/fake193

発生生物学:赤血球はそれだけで独立しているわけではない

No red cell is an island p.964

赤血球は骨髄中にある赤芽球島で、「島」の中央にある白血球の働きにより分化する。マウスを使った研究から、こうした白血球が成熟し「島」を作るのに網膜芽細胞腫のタンパク質が重要であることがわかった。letters, p.1040 参照。

doi: 10.1038/432964a

デバイス物理学:ちっちゃなレバーを冷やしてみると

Microlever chilled out p.965

光を使って、マイクロメートルサイズのカンチレバーの形をした鏡を物理実験や応用に必要な低温にまで冷却する方法が発表された。highlights 参照。

doi: 10.1038/432965a

追悼:西塚泰美氏(1932-2004)

2004) p.966

重要なタンパク質活性化経路の発見者である西塚氏が亡くなられた。ご冥福を祈りたい。

doi: 10.1038/432966a

Articles

宇宙:高解像度ステレオカメラによって明らかにされた火星における最近の間欠的な火山および氷河の活動

Recent and episodic volcanic and glacial activity on Mars revealed by the High Resolution Stereo Camera p.971

doi: 10.1038/nature03231

細胞:細胞周期進行に必要なプロテインキナーゼの網羅的検索

Genome-wide survey of protein kinases required for cell cycle progression p.980

doi: 10.1038/nature03160

遺伝:重複が多いヒト16番染色体のDNA塩基配列とその解析

The sequence and analysis of duplication-rich human chromosome 16 p.988

doi: 10.1038/nature03187

遺伝:hAT因子の転位は転位因子とV(D)J組換えを結びつける

Transposition of hAT elements links transposable elements and V(D)J recombination p.995

doi: 10.1038/nature03157

Letters

物理:高密度のMeV級電子をガイドしコリメートするプラズマ素子

Plasma devices to guide and collimate a high density of MeV electrons p.1005

doi: 10.1038/nature03133

材料:ビスマスによる銅の脆化は原子サイズの効果

Bismuth embrittlement of copper is an atomic size effect p.1008

doi: 10.1038/nature03198

地球:グリーンランド氷床のイリジウムと白金から明らかになった完新世における隕石煙粒子の降下量

Meteoric smoke fallout over the Holocene epoch revealed by iridium and platinum in Greenland ice p.1011

doi: 10.1038/nature03137

気候:層状雲上空の湿度がエアロゾルの間接的な気候強制力に及ぼす影響

The impact of humidity above stratiform clouds on indirect aerosol climate forcing p.1014

doi: 10.1038/nature03174

海洋:大西洋深層西岸境界流が南緯8度で複数の渦流に分解する

Break-up of the Atlantic deep western boundary current into eddies at 8^ordm; S p.1018

doi: 10.1038/nature03134

考古:ペルーのNorte Chico地区にある古期後期の居住跡の年代測定

Dating the Late Archaic occupation of the Norte Chico region in Peru p.1020

doi: 10.1038/nature03146

進化:質の高い雄コオロギは性的誇示に過大に投資をするが早死にする

High-quality male field crickets invest heavily in sexual display but die young p.1024

doi: 10.1038/nature03084

医学:Foxa2は絶食および糖尿病における肝臓での脂質代謝とケトン体生成を調節する

Foxa2 regulates lipid metabolism and ketogenesis in the liver during fasting and in diabetes p.1027

doi: 10.1038/nature03047

生理:新生児期初期の飢餓状態におけるオートファジー

The role of autophagy during the early neonatal starvation period p.1032

doi: 10.1038/nature03029

細胞:エンドリボヌクレアーゼで作成したsiRNAによるヒト細胞でのスクリーニングによって細胞分裂に不可欠な遺伝子が同定される

An endoribonuclease-prepared siRNA screen in human cells identifies genes essential for cell division p.1036

doi: 10.1038/nature03159

発生:網膜芽細胞腫は胎児肝臓マクロファージのId2を抑制することによって無核赤血球造血を促進する

Retinoblastoma promotes definitive erythropoiesis by repressing Id2 in fetal liver macrophages p.1040

doi: 10.1038/nature03068

発生:SmoothenedのHedgehogシグナル活性はプロテインキナーゼAとカゼインキナーゼIによるリン酸化を必要とする

Hedgehog signalling activity of Smoothened requires phosphorylation by protein kinase A and casein kinase I p.1045

doi: 10.1038/nature03179

生物工学:プログラム可能なDNAマイクロチップによる正確な多重遺伝子合成

Accurate multiplex gene synthesis from programmable DNA microchips p.1050

doi: 10.1038/nature03151

生化学:転写因子Ifh1は酵母リボソームタンパク質遺伝子の重要な調節因子である

The transcription factor Ifh1 is a key regulator of yeast ribosomal protein genes p.1054

doi: 10.1038/nature03175

細胞:酵母リボソームタンパク質遺伝子の重要なアクチベーターIfh1の動員は増殖に制御される

Growth-regulated recruitment of the essential yeast ribosomal protein gene activator Ifh1 p.1058

doi: 10.1038/nature03200

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度