Research press release

よき生を持続するために

Nature Sustainability

Living the good life sustainably

普遍的に高い生活満足度を得るためには、人類と地球の現在の関係に基づく持続可能なレベルの2~6倍の資源利用が必要であることを報告する論文が、今週新しく創刊されるNature Sustainabilityに掲載される。今回の研究は、持続可能な発展に至る道を世界規模で探るという課題に対する手掛かりとなる。

世界の経済は、天然資源を過剰に使用することで、栄養、収入、エネルギー利用、衛生などの物理的ニーズ、ならびに民主主義の質、平等性、社会的支援、中等教育、生活上の満足などの社会的ニーズを適切なレベルで支えている。その結果、惑星としての地球の健康は、気候変動や化学汚染といった人為的な影響を受けて危機に瀕している。

入念に定式化された生物物理的な指標および社会的な指標を用いることで、Daniel O’Neillたちは、人類のニーズと重要な地球の推移との関連を定量化した。解析の結果、国民の基本的ニーズを生物物理的資源の過剰使用なしに満たしている国は、現時点で存在しないことが判明した。また研究グループは、惑星としての地球の限界の範囲で全ての国の人々の物理的ニーズを満たすことは可能と考えられるが、社会的ニーズを満足させるためには、インフラ、技術、制度、市場の根本的な再構築が必要であることを明らかにした。健康な地球と両立し得る発展の進路には、資源利用の「充足性」を達成するための富裕国における過剰消費問題への取り組み、エネルギーシステムからの炭素の削減、所得不均衡の縮小などがある、と研究グループは結論している。

Achieving universally high life satisfaction requires two- to six-times the sustainable level of resource use based on the current relationship between humans and the planet, reports a paper published online this week in Nature Sustainability. The study sheds light on the challenges of defining sustainable development paths globally.

Economies worldwide rely on excessive use of natural resources to ensure adequate levels of support of physical needs such as nutrition, income, access to energy, and sanitation, and social needs such as democratic quality, equality, social support, secondary education, and life satisfaction. As a result, the health of the planet is under threat due to related man-made impacts, such as climate change and chemical pollution.

Using carefully formulated biophysical and social indicators, Daniel O’Neill and colleagues quantify the links between human needs and critical planetary processes. Their results indicate that no country at present meets the basic needs of its population without overusing biophysical resources. The authors find that although it could be possible to meet the physical needs of the population within planetary boundaries for all countries,satisfying social needs requires a fundamental restructuring of infrastructure, technologies, institutions and markets. Development pathways compatible with a healthy planet involve tackling overconsumption in wealthy countries to achieve ‘sufficiency’ in resource use, decarbonizing the energy system, and reducing income inequality, they conclude.

doi: 10.1038/s41893-018-0021-4

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度