News

音を見るチンパンジー

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120204

原文:Nature (2011-12-05) | doi: 10.1038/nature.2011.9541 | The chimpanzee who sees sounds

Ewen Callaway

チンパンジーも音の高低と色を関連付けているらしい。これは、ヒトの「共感覚」と言語に関する研究のてかがりとなるかもしれない。

Stone/Getty Images

チンパンジーは、明るいものには高い音、暗いものには低い音を対応させるという具合に、色と音の感覚を結びつけているという研究成果が、シャリテ・ベルリン医科大学(ドイツ)と京都大学霊長類研究所(愛知県犬山市)により発表された1。研究チームを率いた認知神経科学者Vera Ludwigによれば、チンパンジーもヒトと同じように何らかの「共感覚」を感じているのだという。共感覚とは、1つの感覚刺激から別の知覚が無意識に生じる感覚のことで、特定の文字や数に特定の色を感じたり、特定の味に特定の形を感じたりすることである。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度