News in Focus

古DNAでたどる黒死病の起源

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220910

原文:Nature (2022-06-15) | doi: 10.1038/d41586-022-01673-4 | Ancient DNA traces origin of Black Death

Ewen Callaway

キルギス共和国の墓で発見されたペスト菌が、中世の黒死病パンデミックを引き起こした菌株の直接の祖先であることが示された。シルクロード沿いの街が、この歴史的大流行の発生源であった可能性がある。

現在のキルギス共和国のカラ・ジガチ墓地で見つかった、ペストの犠牲者の墓碑。 | 拡大する

P.-G. BORBONE, M. A. SPYROU ET AL./NATURE

現在のキルギス共和国の14世紀の墓で以前発掘された人骨のゲノム解析から、これらの人々の命を奪ったのは、その数年後に黒死病の壊滅的な大流行を引き起こしたペスト菌(Yersinia pestis)の祖先株であったことが明らかになり、Nature 2022年6月23日号718ページで発表された(M. A. Spyrou et al. Nature 606, 718–724; 2022)。今回の研究を共同で率いたマックス・プランク進化人類学研究所(ドイツ・ライプチヒ)の古遺伝学者Johannes Krauseは、「全ての株が結び付く場所が見つかったのです。新型コロナウイルスで、アルファ株、デルタ株、オミクロン株の全てが、中国・武漢の1つの株から派生したのと似ています」と話す。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度