News in Focus

CAR-T細胞療法実施から10年、白血病の再発がない患者の転帰

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220515

原文:Nature (2022-02-02) | doi: 10.1038/d41586-022-00241-0 | Last-resort cancer therapy holds back disease for more than a decade

Heidi Ledford

CAR-T細胞療法を受けた最初の2人の白血病患者は、10年以上が経過した今でも寛解状態を保っている。

がん細胞(青色)を攻撃するT細胞(橙色)。 | 拡大する

ROGER HARRIS/SCIENCE PHOTO LIBRARY/Science Photo Library/Getty

免疫細胞を変身させて、がん細胞を仕留めるハンターにする。この実験的な治療を受けた数週間後、Doug Olsonは主治医から治療の結果について説明を受けた。「おめでとう、Doug。がん細胞は1個も見つからなかったよ」。彼はその瞬間を振り返り、「がんに打ち勝つことができたんだと、はっきり確信しました」と話す。だが、治療に当たった医師たちは、まだ油断はできないと考えていた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度