News in Focus

ヒト胚の最初期ステージを体外で模擬することに成功

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210611

原文:Nature (2021-03-17) | doi: 10.1038/d41586-021-00695-8 | Lab-grown structures mimic human embryo's earliest stage yet

Nidhi Subbaraman

ヒト幹細胞を使って胚盤胞期を模擬する手法が編み出されたことで、ヒト発生についての重要な洞察が得られるはずだ。この種の研究は、胚の入手にも培養にも厳しい制限があるため難しかった。

ヒト幹細胞から体外で作られた人工胚盤胞。 | 拡大する

UT SOUTHWESTERN

ヒトでは卵と精子が受精してから約4日後に形成される胚盤胞(ブラストサイト)。このほど、複数の研究チームが独立に、胚盤胞のように見える球状の細胞塊を作製したと報告した。2つの研究チームがNature 3月25日号に結果を発表し1,2、別の2つのチームはプレプリントサーバbioRxiv(未査読)に同様の結果を投稿した3,4。これらの実験は、ヒト胚を使った実験を行わずに、ヒトの発生における極めて重要な時期をのぞく窓を提供するとともに、妊娠損失と不妊をより深く理解する機会を与えてくれる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度