News & Views

神経機能代替デバイスによる血圧の維持

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210538

原文:Nature (2021-02-11) | doi: 10.1038/d41586-021-00087-y | Neuroprosthetic device maintains blood pressure after spinal cord injury

Patrice G. Guyenet

脊髄損傷により血圧の維持ができなくなると、身体の衰弱を招く。血圧の安定に不可欠な反射を人為的に再現することで、この問題を回避できるようになった。

脊髄損傷の症候として最も顕著なのは麻痺と感覚障害だが、起立性低血圧も多くの患者に認められる。これは、臥位から座位や立位に体位を変更する際に、血圧を維持できなくなる病態である1。起立性低血圧により、心臓が正常に血液で満たされなくなり、短期的には立ちくらみやめまいの原因となり得る。さらに起立性低血圧の発作を繰り返し起こすことで、長期的には脊髄損傷患者の主要な死因である心臓発作や脳卒中の発生率が高まる。今回、脊髄損傷に伴う起立性低血圧を最小限に抑える神経機能代替デバイスについて、スイス連邦工科大学ローザンヌ校、ローザンヌ大学、ローザンヌ大学病院(以上、スイス)、カルガリー大学(カナダ・アルバータ州)、ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ・バンクーバー)に所属するJordan W. Squairら2が、Nature 2021年2月11日号308ページで報告している。このデバイスは、ラット、アカゲザル、ヒトにおいて血圧のコントロールを回復させた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度