News in Focus

2021年注目の科学イベント

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210311

原文:Nature (2020-12-22) | doi: 10.1038/d41586-020-03651-0 | The science events to watch for in 2021

Holly Else

地球温暖化対策、COVID-19ワクチン、オープンアクセス運動など、2021年の科学界の注目すべき話題をまとめた。

米国カリフォルニア州で2020年に発生した森林火災現場。地球温暖化により、こうした森林火災がより頻繁に起こる可能性がある。同年10月、同州スプリングビルで。 | 拡大する

AL SEIB/LOS ANGELES TIMES/GETTY

地球温暖化対策は次段階へ

2021年は、地球温暖化との闘いにおいて極めて重要な年になりそうだ。米国のジョー・バイデン新大統領は、パリ協定に復帰することを含め、地球温暖化問題における米国の指導力を回復すると明言している(ドナルド・トランプ前大統領はパリ協定からの離脱を表明し、米国は2020年11月に正式に離脱した。バイデン新大統領は2021年1月20日の就任直後、パリ協定に復帰する大統領令に署名した)。温暖化対策交渉の重要な場が、2021年11月に英国グラスゴーで開かれる国連気候変動枠組条約締約国会議(COP26)だ。各国は、2015年にパリ協定に合意して以来初めて、温室効果ガス排出量の削減について新ラウンドの約束を行う。欧州連合(EU)と中国は、2050~2060年にカーボンニュートラルを実現するという野心的な計画を持っている。科学者たちは、バイデン大統領が米国にも同様の目標を設定するかを見守っている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度