News & Views

翼竜類の進化的起源を示す近縁動物

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210337

原文:Nature (2020-12-17) | doi: 10.1038/d41586-020-03420-z | Closest relatives found for pterosaurs, the first flying vertebrates

Kevin Padian

恐竜類に近縁な既知最古の飛行性脊椎動物として知られる翼竜類だが、その進化的起源は2世紀にわたり謎に包まれてきた。今回、一連の化石標本の詳細な解析から、この謎に対する1つの答えが導き出された。

1812年、自然史博物館(フランス・パリ)の比類なき解剖学者ジョルジュ・キュヴィエ(Georges Cuvier)は、化石四肢類に関する自身の研究をまとめた書籍『化石骨の研究(Recherches sur les Ossemens Fossiles des Quadrupèdes)』を出版した1。四肢類とは、魚類を除く全ての脊椎動物を指す分類群である。キュヴィエはこの著書の中で、四肢類の古生物学的知見の全てを網羅し、その壮大な多様性と奇妙な化石形態の謎を探った。一連の化石四肢類には、現生動物と明らかに近縁と分かるものもあれば、あまりに奇妙で分類が困難なものもあり、中でもドイツ・バイエルン州で発掘された、長いくちばしと四肢を持つジュラ紀(約1億5000万年前)の小型動物はその最たるものだった。この奇妙な動物の進化的起源については長く謎に包まれてきたが、今回その謎を解き明かす初めての証拠が、アルゼンチン自然科学博物館(ブエノスアイレス)とバーミンガム大学(英国)に所属する古生物学者Martín Ezcurraら2によって示され、Nature 2020年12月17日号445ページで報告された。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度