News in Focus

生物時計を逆回しして老齢マウスの視力を回復

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210304

原文:Nature (2020-12-02) | doi: 10.1038/d41586-020-03403-0 | Reversal of biological clock restores vision in old mice

Heidi Ledford

加齢によるエピジェネティックな変化を操作して加齢関連の衰退を逆行させるという、新しいアプローチが示唆された。

細胞のリプログラミングによって、網膜神経が損傷したマウスの視力を回復できることが報告された。 | 拡大する

Qilai Shen/Bloomberg/Getty

細胞の老化に伴ってDNAに蓄積する数千の化学マークのいくつかをリセットすることで、老齢マウスと網膜神経が損傷しているマウスで視力が回復したことが、Nature 2020年12月3日号124ページ1で発表された。いくつかの細胞をリプログラミングして「若い」状態に戻すと、それらの細胞は損傷を受けた組織をよりうまく修復したり置換したりすることができるようになるというのだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度