News in Focus

火星の内部を地震波で初探査

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210306

原文:Nature (2020-12-15) | doi: 10.1038/d41586-020-03562-0 | Surprise! First peek inside Mars reveals a crust with cake-like layers

Alexandra Witze

NASAの火星探査機インサイトが、地球以外の惑星の内部構造を初めて地震波で調べた。

火星に着陸した探査機インサイト(太陽電池パネル展開時の全幅約6m、質量約360kg)の想像図。ドーム状のシールドを備える地震計(左)で火震を、熱流量計(右)で地中の熱流を測定する。 | 拡大する

NASA/JPL-CALTECH

米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「インサイト」(InSight)が火星の内部を地震波で探査し、その概要がこのほど報告された。地球以外の惑星の内部を地表面の地震計で調べたのは今回が初めてだ。火星の地殻は2層あるいは3層構造になっている可能性があることが報告され、火星がどのように形成されて進化してきたかの解明に一歩近づいた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度