Feature

水のパラドックスと生命の起源

水は、生命にとって欠かすことのできない物質である半面、DNAやその他の重要な分子を分解してしまう。地球で最初に生まれた細胞は、危険だが不可欠なこの物質に、どのように対処していたのだろうか?

拡大する

PLANET OBSERVER/UNIVERSAL IMAGES GROUP/GETTY

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210322

原文:Nature (2020-12-10) | doi: 10.1038/d41586-020-03461-4 | How the first life on Earth survived its biggest threat — water

Michael Marshall

2021年2月18日、NASAの探査機が火星の大気圏に突入し、逆推進ロケットに点火して急激に減速してから、6輪の探査車「パーサビアランス」(Perseverance)を吊り下げて着地させた。場所は、火星の赤道付近にある直径45kmの巨大クレーター「イェゼロ(ジェゼロ)」の中だ。ここはかつては液体の水をたたえた湖だったと見られている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度