News & Views

照らし出される変性意識状態の真相

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210132

原文:Nature (2020-10-01) | doi: 10.1038/d41586-020-02505-z | The brain rhythms that detach us from reality

Ken Solt & Oluwaseun Akeju

解離とは、周りの世界から隔絶されていると感じる状態である。このほど、解離は、単一層のニューロンのリズミカルな活動によって引き起こされることが分かった。

解離状態とは一般に、現実から分離した感覚、あるいは「体外離脱」経験を持つことと説明される。この変性意識状態は、しばしば破壊的な心的外傷や薬物の乱用に起因する精神障害がある人々によって報告される。また、特定の種類の麻酔薬で誘発されたり、てんかん発作の際に起こったりすることもある。だが、解離の神経学的基盤はこれまで解明されていなかった。この状態の原因となる局所的な脳のリズムについて、スタンフォード大学(米国カリフォルニア州)のSam Vesunaら1Nature 2020年10月1日号の87ページで報告している。彼らの研究結果は、神経科学にとって重要な意味を持つことだろう。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度