News in Focus

退屈な環境にある系外惑星の方が調査に適している理由

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200904

原文:Nature (2020-06-25) | doi: 10.1038/d41586-020-01905-5 | Why boring could be good for this star’s two intriguing planets

Alexandra Witze

GJ 887はフレアや有害な放射線を出していないため、今回見つかった惑星には大気があるかもしれない。

赤色矮星GJ 887の周りに新たに発見された2つの惑星の想像図。 | 拡大する

Mark Garlick

このほど天文学者たちが、太陽系の近傍にある赤色矮星の周りを公転する、地球よりやや重い惑星を2つ発見した。惑星系を持つ恒星は活発なものが多いが、この恒星は比較的不活発で、惑星上に生命が存在する可能性を損なう恐れのある高エネルギーのフレアも放出していない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度