News in Focus

極端な北極温暖化の原因はオゾン層破壊ガスか

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200302

原文:Nature (2020-01-20) | doi: 10.1038/d41586-020-00108-2 | Ozone-depleting gases might have driven extreme Arctic warming

Giuliana Viglione

北極は全球平均の2倍の速さで温暖化しているが、気候シミュレーションによりその原因が示唆された。

北極の気候変動によって海氷域が縮小している。 | 拡大する

Arterra/Universal Images Group via Getty Images

スクリプス海洋研究所(米国カリフォルニア州ラホヤ)の気候科学者Mark Englandらが2020年1月20日にNature Climate Change で発表した論文1によると、1955~2005年の間に北極で観測された気候変動影響の半分は、オゾン層破壊ガスに起因していた可能性があるという。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度