Feature

遺伝子系図を使った犯罪捜査への期待と懸念

DNAに基づいた系図分析で犯罪者プロファイリングに協力し、異論の多いこの分野で名声をつかんだ法遺伝学企業パラボン・ナノラボ。その後の規制や競合企業の登場で、同社はその勢いをそがれてしまった。

拡大する

JOCHEN TACK/IMAGEBROKER/ALAMY

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2020.201216

原文:Nature (2020-09-10) | doi: 10.1038/d41586-020-02545-5 | The controversial company using DNA to sketch the faces of criminals

Carrie Arnold

パラボン・ナノラボ社(Parabon NanoLabs;以下、パラボン社)が大きな議論の渦中に引き込まれたのは、2019年5月のことだった。当時、同社は、世界で最も有名な法遺伝学企業だった。米国バージニア州レストンに本社を置くパラボン社は、ほぼ毎週のように、警察の未解決事件解明に協力していた。例えば、1987年に殺されたカナダ人カップルの事件や、1960年代にレイプ後に殺された若い女性の事件などだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度