News in Focus

ノーベル化学賞はCRISPR遺伝子編集のパイオニアに

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2020.201206

原文:Nature (2020-10-07) | doi: 10.1038/d41586-020-02765-9 | Pioneers of revolutionary CRISPR gene editing win chemistry Nobel

Ewen Callaway & Heidi Ledford

革新的な遺伝子編集技術CRISPRを開発したエマニュエル・シャルパンティエとジェニファー・ダウドナが、2020年のノーベル化学賞を共同受賞した。

2020年のノーベル化学賞を共同受賞したエマニュエル・シャルパンティエ(左)とジェニファー・ダウドナ。写真は、2017年の日本国際賞を受賞した時のもの。 | 拡大する

Kyodo News Stills via Getty Images

CRISPR–Cas9遺伝子編集ツールを開発した功績を評価されるのは誰かという憶測がこの数年飛び交っていたが、ノーベル委員会がこれに終止符を打った。選ばれたのは、マックス・プランク病原体科学ユニット(ドイツ・ベルリン)に現在所属しているエマニュエル・シャルパンティエ(Emmanuelle Charpantier)とカリフォルニア大学バークレー校(米国)のジェニファー・ダウドナ(Jennifer Doudna)だ。ゲノムの正確な編集を可能にするCRISPRは、2010年代に登場するや否や、世界中の研究室を席巻した。CRISPRには無数の応用がある。研究者たちは、CRISPRを使って、ヒト遺伝子を改変することで病気をなくしたり、耐寒性の高い植物を作り出したり、病原体を一掃したりしようとしている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度