News & Views

がんの形はどのようにして決まるのか

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2020.201241

原文:Nature (2020-09-17) | doi: 10.1038/d41586-020-02490-3 | How cancer invasion takes shape

Karolina Punovuori & Sara A. Wickström

異なる遺伝子変異によって発生した皮膚がんは、それぞれ特徴的な組織形態と異なる転帰を示す。悪性度の低い腫瘍と高い腫瘍の構造を解析することで、機械的力がどのようにして腫瘍の形態と転帰を決めているのかが明らかになった。

悪性度の高い、ヒト扁平上皮がん(SCC)組織の顕微鏡写真。 | 拡大する

PansLaos/Moment/Getty

形態と機能の相互関係は生物学の基本であり、多くの疾患の特徴として正常な組織構造の破壊が認められる。組織構造の変化が、がんのような破壊的な疾患の結果にすぎないのか、それとも疾患の進行に積極的に影響を与えているのか、という疑問は古くから提起されている。皮膚がんは、タイプによって異なる特定の遺伝子異常によって引き起こされ、それぞれのタイプに特徴的な腫瘍の形状がある。しかし、そのような構造がどのようにして決まるのか、また、悪性度の低いタイプのがんと高いタイプのがんの転帰の違いにそれぞれの形状が影響を与えているのか否かについては、これまでよく分かっていなかった。今回、ロックフェラー大学(米国ニューヨーク)のVincent F. Fioreら1は、Nature 2020年9月17日号433ページでマウスの皮膚がんの解析を報告し、その中でいくつかの重要な原理を明らかにしている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度